キッズモード付、Android7.0標準搭載タブレット…ASUS

デジタル生活 中学生

ASUS ZenPad 10(Z301M)
  • ASUS ZenPad 10(Z301M)
  • ASUS ZenPad 10(Z301M)
 ASUS JAPANは9月23日より、Android7.0標準搭載で手軽にマルチウインドウを楽しめる10.1型タブレット「ASUS ZenPad 10(Z301M)」を販売する。アプリや使用時間を制限できる「キッズモード」もあり、親子兼用として安心して使うことができる。

 ASUS ZenPad 10(Z301M)は、ASUSの独自技術「VisualMaster」により、従来のタブレットとは一線を画する美麗画面を実現。VisualMasterに含まれる「ASUS Tru2Lite」技術により、写真や映像の視覚的な解析度が向上。周囲の明るさに応じてコントラストや明るさを自動調整するため、屋外でもはっきりと美しい画面を表示できるという。

 2つのアプリを同時に使えるマルチウインドウ機能に対応したAndroid7.0を標準搭載。大画面はマルチタスク利用と相性がよく、使い勝手が向上している。モバイルデータ通信時にバックグラウンド通信を遮断するデータセーバー機能、画面表示のサイズ変更機能なども利用できるため、自分好みにタブレットを活用できる。

 音響にもこだわり、ステレオヘッドフォンやステレオイヤホンでバーチャルサラウンドを再生できるDTSの技術「DTS Headphone:X」を搭載。2chの音声データは通常、目の前に2つのスピーカーがあるような空間表現であるところ、今回は7.1chまでの再生が可能。ASUS JAPANによると、元データが7.1chの場合、まるで8つのスピーカーがあるかのような臨場感を味わえる。

 デザインは、背面にファッション性の高い型押しのニットパターン調の柄、エッジに背面ロゴと同色のゴールドまたはシルバーの優美なハイライトを施し、外出時にはまるでクラッチバックを持つようにファッションの一部として持ち歩くことも可能だ。

 ユーザーインターフェイスは「ASUS ZenUI」を搭載。使用できるアプリや使用時間を制限する「キッズモード」を利用すれば、決められた時間で簡単に動画鑑賞やアプリの利用を止めることができるため、ASUS JAPANは「教育にもつながる」としている。

 価格はオープン価格だが、希望小売価格は2万2,800円(税別)。ラインアップは、ダークブルー、クラシックホワイト、アッシュグレーの3色。9月20日より予約開始し、9月23日より販売開始する。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)