福岡で宿不足、受験生へ九大が早め確保呼びかけ【大学受験2018】

教育・受験 高校生

画像はイメージ:福岡の風景
  • 画像はイメージ:福岡の風景
  • 九州大学生協の受験生・新入生応援サイト2018年度
  • 九州大学「平成30年度一般入試における宿泊先等の確保について」
 九州大学は、平成30年度(2018年度)一般入試前期日程を行う平成30年2月25日(日)・26日(月)前後に、福岡市内で人気アーティストのライブなどが開催される影響から、宿泊先を早めに確保するよう受験生に呼び掛けている。九州大学生活協同組合も、11月21日から宿泊先の受付を開始した。

 九州大学では、一般入試前期日程を平成30年2月25日(日)と26日(月)に実施する予定。一方、福岡市内では、2月24日と25日に安室奈美恵が福岡ヤフオク!ドームEXILE THE SECONDがマリンメッセ福岡でコンサートツアーを開催。さらに、第103回薬剤師国家試験も2月24日、25日に福岡県内で行われる。

 福岡市内や近郊では、平成29年度(2017年度)にも国公立大学一般入試前期日程の試験時に三代目J Soul Brothers、RADWIMPSの公演などと重なり、宿泊施設不足が問題となったばかり。福岡市が受験生のための「宿泊相談ホットライン」を設けたことや、西日本電信電話(NTT西日本)が男子社員寮を無償で提供したことなどが記憶に新しい。

 九州大学では、平成30年度一般入試でも受験生の宿泊先確保が困難な状況が予想されることから、11月21日にWebサイトに「平成30年度一般入試における宿泊先等の確保について」と題した入試情報を掲載。早めに宿泊先を確保するよう勧めている。

 受験生の宿泊をサポートする九州大学生活協同組合では、「受験生・新入生応援サイト2018年度」において例年より早い11月21日に受験生からの宿泊受付を開始した。ただ、サイト管理者が宿泊施設登録の修正作業を行っている影響から、2月24日の予約ができない状態にあるため、11月21日午後3時に一時的にサイトを停止。再開は11月22日午前中の見込み九州大学によると、受験生のために確保した部屋は厳密に管理されているという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)