大学ブランド力ランキング2017-2018、首都圏は3年連続のTop4

 日経BPコンサルティングは2017年11月29日、「大学ブランド・イメージ調査2017-2018」の結果を発表した。首都圏編では、前年と同様、1位「東京大学」、2位「慶應義塾大学」、3位「早稲田大学」がトップ3に選ばれた。前回からの上昇率では「東京学芸大学」が1位となった。

教育・受験 その他

大学ブランド力ランキングTOP20(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
  • 大学ブランド力ランキングTOP20(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
  • 大学ブランド力上昇ランキングTOP3(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
  • 各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
  • 6因子別ランキング(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
 日経BPコンサルティングは2017年11月29日、「大学ブランド・イメージ調査2017-2018」の結果を発表した。首都圏編では、前年(2016-2017)と同様、1位「東京大学」、2位「慶應義塾大学」、3位「早稲田大学」がトップ3に選ばれた。前回からの上昇率では「東京学芸大学」が1位となった。

 大学ブランド・イメージ調査」は、全国の主要大学の「大学ブランド力」算出を目的に、日経BPコンサルティングが実施しているインターネット調査。11年目となる今回は、全国455大学(医科大学や体育大学、短期大学などは除外)について、各地域に住むビジネスパーソンや、中学生以上の子どもがいる父母、教育関連従事者に回答を依頼し、大学や学生へのブランド・イメージ49項目を測定大学ブランド力(偏差値)として算出、ランキング化した。首都圏編の調査期間は2017年8月2日~31日。有効回答数は有職者5,973件。

 総合ランキングは、1位「東京大学」88.6ポイント、2位「慶應義塾大学」82.4ポイント、3位「早稲田大学」81.0ポイント、4位「上智大学」71.0ポイント、5位「一橋大学」68.9ポイント。1~5位は前回と同じで、トップ4は3年連続で同じ大学が並んだ。トップ20のうち、国立大学は7校だった。

 前回からの上昇率では、1位「東京学芸大学」、2位「二松學舍大学」、3位「帝京大学」。前回との比較では、東京学芸大学は3.1ポイント、二松學舍大学は2.7ポイント、帝京大学は2.5ポイント上昇した。

 「いま注目されている、旬である」大学は、秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約報道と重なって注目度が上がった「国際基督教大学」が1位となった。因子分析によって「グローバル」のイメージが強い大学には、「上智大学」が1位に選ばれた。

◆大学ブランド力ランキングTOP20(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
※()は前回の順位
1位(1):東京大学 88.6ポイント
2位(2):慶應義塾大学 82.4ポイント
3位(3):早稲田大学 81.0ポイント
4位(4):上智大学 71.0ポイント
5位(5):一橋大学 68.9ポイント
6位(7):東京工業大学 68.5ポイント
7位(6):青山学院大学 68.3ポイント
8位(10):明治大学 66.2ポイント
9位(8):東京外国語大学 65.3ポイント
10位(9):お茶の水女子大学 64.1ポイント
11位(13):学習院大学 63.4ポイント
11位(16):中央大学 63.4ポイント
13位(11):立教大学 63.3ポイント
14位(12):国際基督教大学 63.1ポイント
15位(15):東京理科大学 60.3ポイント
16位(20):東京学芸大学 59.2ポイント
17位(14):横浜国立大学 58.2ポイント
18位(18):日本大学 58.0ポイント
19位(17):法政大学 57.4ポイント
20位(19):津田塾大学 57.2ポイント
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)