2023年度までのICT・メディア市場展望、EdTechはデータ連携進む…野村総研

教育業界ニュース 教育ICT

野村総合研究所
  • 野村総合研究所
  • 2023年度までのICT・メディア市場の分析と予測
  • 世界のスマートフォン市場規模の地域別予測(出所:NRI)
 野村総合研究所(NRI)は2017年11月29日、2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドに関する展望を公表。主要5市場の分析と予測を行っており、EdTech(教育)については、コンテンツが充実し、分野横断的なデータ連携が進むとみられる。

 このたび公表されたのは、ICT・メディア関連の主要5市場(デバイス/ネットワーク/コンテンツ/プラットフォーム/xTech) について、国内および一部に関しては世界における動向分析と市場規模を予測したもの。たとえば主要5市場のうちの1つ「デバイス市場」については、スマートフォン販売台数が2023年度には世界23億2,800万台に増加すると予測。アジア・太平洋エリアだけで、14億4,800万台の販売台数が見込まれている。

 「xTech市場」は、さまざまな分野・業界において、クラウドやIoT、AIなど近年の興隆が著しいIT関連の新技術を活用し、新しいサービスを展開し、業界構造そのものを変革する動き、およびそこから出てくる新市場を指す。NRIは「xTech」の代表例として、FinTech(金融)、AdTech(広告)、 EdTech(教育)、SporTech(スポーツ)、HR Tech(人事)など9つの分野について、分析と予測を行っている。

 EdTech(教育)に関しては、従来型のIT化が進んでいたが、さらにコンテンツが充実し、分野横断的なデータ連携が進むとみられる。また、AIなどの高度な分析技術の適用が拡大することで、ITが適用されるプロセスが広がり、市場規模も拡大すると予測している。

 そのほか、「ネットワーク市場」では、2020年ごろからサービス開始が見込まれる5Gの普及に伴い、携帯電話端末で利用されるコンテンツのリッチ化が進むと予測。「プラットフォーム市場」は、おもにクラウドサービスとIoTに牽引されるとみられる。特にIoTは、2017年の9,300億円から2023年には4兆円を超える規模へと成長する見込みだという。

 NRIよると、ICT・メディア市場は個々の技術やサービスの普及が進むとともに、さらにそれらを複合させた新しい用途や市場が生み出されているという。また、それらの技術やサービスを活用して、企業や社会の根本的な変革が始まっており、「Software is eating the world(ソフトウェアがすべてを飲み込んでいる)」の最終仕上げの状態にあるとみている。

 なお、今回の市場分析や予測の詳細は、単行本「ITナビゲーター2018年版」として、東洋経済新報社より11月30日に発売される。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)