【中学受験2018】東京都私立中学の最新入試日程・定員・偏差値まとめ(男子版)

 中学受験に向けた準備もいよいよ追い込みの時期。今回は東京都の私立中学の入学願書受付期間や入学者選抜日など、受験に必要な情報をまとめてみた。入試直前となる前に改めて確認をし、綿密さの必要とされるスケジューリングの際の一助となれば幸いだ。

教育・受験 小学生
写真はイメージです。本文とは関係ありません。
  • 写真はイメージです。本文とは関係ありません。
 中学受験に向けた準備もいよいよ追い込みの時期。東京都・男子の私立中学入試の日程など、2018年の受験に必要な情報をまとめた。受験生に限らず、中学受験を検討している小学生の保護者にも参考にしていただきたい。

入試日程について



 東京都の私立中学校の入試については、東京私立中学高等学校協会によって、入学願書受付開始は平成30年1月20日以降、入学者選抜期日は平成30年2月1日以降と定められている。以下に特に人気の高い男子(男子校・共学校)30校の入試日と願書締切り日、合格発表日、入学手続き締切日をまとめた。

2月1日入試実施校


 まずは2月1日入試実施校だ。東京・神奈川の中学入試解禁日のこの日には男子御三家の開成中学校(願書受付開始1/20、願書締切1/20、合格発表2/3、入学手続き締切2/5)、麻布学園(麻布中学校)(願書受付開始1/20、願書締切1/25、合格発表2/3、入学手続き締切2/4)、武蔵中学校(願書受付開始1/20、願書締切1/24、合格発表2/3、入学手続き締切2/6)の3校が入試を行う。

 このほか、広尾学園中学校1回、2回と2回インターナショナルSG(願書受付開始1/20、願書締切1/31、合格発表2/2、入学手続き締切2/9)、早稲田中学校 1回(願書受付開始1/20、願書締切1/23、合格発表2/2、入学手続き締切2/5)、海城中学校 1回(願書受付開始1/20、願書締切1/26、合格発表2/2、入学手続き締切2/2)、渋谷教育学園渋谷中学校 1回(願書受付開始1/22、願書締切1/30、合格発表2/2、入学手続き締切2/13)、早稲田実業学校 中等部(願書受付開始1/20、願書締切1/22、合格発表2/2、入学手続き締切2/5)、早稲田大学高等学院 中学部(願書受付開始1/20、願書締切1/21、合格発表2/3、入学手続き締切2/5)など首都圏人気校の多くがこの日に入試を実施する。

2月2日入試実施校


 2月2日入試実施校は、渋谷教育学園渋谷中学校 2回(願書受付開始1/22、願書締切1/30、合格発表2/3、入学手続き締切2/13)、攻玉社中学校 2回(願書受付開始1/20、願書締切1/30、合格発表2/2、入学手続き締切2/5)、広尾学園中学校 医進・サイエンス(願書受付開始1/20、願書締切12/15、合格発表2/3、入学手続き締切2/9)、桐朋中学校 2回(願書受付開始1/20、願書締切1/24、合格発表2/3、入学手続き締切2/4)、本郷中学校 2回(願書受付開始1/20、願書締切2/1、合格発表2/2、入学手続き締切2/5)、高輪中学校 算数(願書受付開始1/20、願書締切2/2、合格発表2/3、入学手続き締切2/4)、明治大学付属明治中学校 1回(願書受付開始1/20、願書締切1/27、合格発表2/2、入学手続き締切2/7)。

2月3日入試実施校


 2月3日入試実施校は、早稲田中学校 2回(願書受付開始1/20、願書締切1/23、合格発表2/4、入学手続き締切2/5)、海城中学校 2回(願書受付開始1/20、願書締切1/26、合格発表2/4、入学手続き締切2/4)、慶應義塾中等部(願書受付開始1/20、願書締切1/22、一次合格発表2/4、二次試験入試2/5、降格発表2/6、入学手続き締切2/7)、明治大学付属明治中学校 2回(願書受付開始1/20、願書締切1/27、合格発表2/3、入学手続き締切2/7)。

2月4日以降入試実施校


 2月4日以降の入試実施校は、2月4日が芝中学校 2回(願書受付開始1/20、願書締切2/3、合格発表2/5、入学手続き締切2/6)、2月5日が渋谷教育学園渋谷中学校 3回(願書受付開始1/22と2/2、願書締切1/30と2/4、合格発表2/6、入学手続き締切2/13)、攻玉社中学校 特別選抜(願書受付開始1/20、願書締切2/4、合格発表2/5、入学手続き締切2/6)、広尾学園中学校 3回と3回インターナショナルSG(願書受付開始1/20、願書締切2/4、合格発表2/6、入学手続き締切2/9)、本郷中学校 3回(願書受付開始1/20、願書締切2/4、合格発表2/5、入学手続き締切2/6)。

 なお、愛光中学校(東京4科目/所在地は愛媛県松山市)と、西大和学園中学校 一般(東京/所在地は奈良県北葛城郡河合町)、函館ラ・サール中学校 1次(4科目/所在地は北海道函館市)など地方校の東京会場入試は、東京・神奈川入試解禁日前に実施される。愛光中学校は1月7日(願書受付開始12/3、願書締切12/12、合格発表1/9、入学手続き締切1/18)、1月8日は西大和学園中学校(願書受付開始12/1、願書締切12/15、合格発表1/11、入学手続き締切1/16)と函館ラ・サール(願書受付開始12/1、願書締切12/9、合格発表1/10、入学手続き締切1/15)の予定となっている。

募集人員について



 また、東京私立中学高等学校協会では2017年10月4日に「平成30年度 都内私立中学校入学者選抜実施要項」を発表している。これによると、2017年9月22日時点での2018年度の都内私立中学校の募集状況は、男子校で32校(前年度32校)6,173名(前年度6,183名)の募集で学校数は同じものの募集人員は10名減。共学校で79校(前年度77校)9,197名(前年度9,194名)で、学校数は2校増え募集人員も262名増となっており、男女合わせた全募集人員は122名減となっている。

 以下は人気校の募集人員だ。共学校で男女別に定員が設定されている学校は男子の募集人員を示す。

 開成中学校(300名)、麻布学園(麻布中学校)(300名)、武蔵中学校(160名)、広尾学園中学校(1回 男女で50名)(2回 インターナショナルSG含み男女で70名)(3回 インターナショナルSG含み男女で35名)(医進・サイエンス男女で35名)、早稲田中学校(1回 200名)(2回 100名)、海城中学校(1回 145名)(2回 145名)、渋谷教育学園渋谷中学校(1回 男女で70名)(2回 男女で70名)(3回 男女で23名)、早稲田実業学校 中等部(全125名 うち男子85名)、早稲田大学高等学院 中学部(120名)、攻玉社中学校(2回 70名)(特別選抜 30名)、桐朋中学校(1回2回 合わせて180名)、本郷中学校(2回 120名)(3回 40名)、高輪中学校(算数 20名)、明治大学付属明治中学校(1回 男女で90名)(2回 男女で60名)、慶應義塾中等部(約140名)、芝中学校(2回 130名)。

 なお、東京都以外の学校の募集人員は、愛光中学校(愛媛県外生全体、男女合わせて80名)、西大和学園中学校(全試験合わせて180名)と函館ラ・サール(第一次全体で55名)となっている。

東京・私立中学 難関校の偏差値トップ30(男子)



 先に入試実施日と願書締切り日を紹介したが、人気・実力ともに上位の学校の偏差値を第1回「合格力判定サピックスオープン」(2017年9月24日実施)の結果をもとにした2018年中学入試 予想偏差(合格率80%)より紹介する。なおこの情報は、2017年10月にリセマム編集部がサピックス小学部より提供を受けたものである。

 1位66:開成中学校
 2位63:渋谷教育学園渋谷中学校(2回目)・西大和学園中学校一般(東京)
 3位62:渋谷教育学園渋谷中学校(3回目)
 4位61:早稲田中学校(2回目)
 5位60:麻布学園(麻布中学校)・海城中学校(2回目)

 7位59:広尾学園中学校(2回インターナショナルSG)
 8位58:駒場東邦中学校・広尾学園中学校(2回)・攻玉社中学校(特別選抜)

 11位57:早稲田中学校(1回)・武蔵中学校・広尾学園中学校(医進・サイエンス)・芝中学校(2回)
 15位56:海城中学校(1回)・渋谷教育学園渋谷中学校(1回)・慶応義塾中等部・広尾学園中学校(3回インターナショナルSG)
 19位55:函館ラ・サール中学校1次(4科目)・愛光中学校(東京4科目)・攻玉社中学校(2回)・桐朋中学校(2回)・広尾学園中学校(3回)・本郷中学校(3回)
 25位54:早稲田実業学校中等部・本郷中学校(2回)・高輪中学校(算数)・明治大学付属明治中学校(2回)
 30位53:早稲田大学高等学院 中学部・広尾学園中学校(1回)・明治大学付属明治中学校(1回)

※ 志望校については、各校の公式情報を確認いただきたい。
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)