生後半年の赤ちゃんコアラを見に行こう…埼玉こども動物自然公園

 埼玉県こども動物自然公園は、平成29年(2017年)7月11日に生まれたコアラの赤ちゃんがお母さんのお腹の袋から顔を出したとして、元気な赤ちゃんの写真を公開した。お母さんコアラとともに一般公開しており、まだ小さく可愛らしい赤ちゃんコアラを見ることができる。

趣味・娯楽 その他

お母さんコアラの袋から顔を出す赤ちゃんコアラのようす(平成30年1月12日撮影)
  • お母さんコアラの袋から顔を出す赤ちゃんコアラのようす(平成30年1月12日撮影)
  • 赤ちゃんコアラと母親ジンベラン(平成30年1月12日撮影)
  • 赤ちゃんコアラ(平成30年1月12日撮影)
  • 赤ちゃんコアラ(平成30年1月12日撮影)
  • 母親ジンベラン
  • 父親コロン
 埼玉県こども動物自然公園は、平成29年(2017年)7月11日に生まれたコアラの赤ちゃんがお母さんのお腹の袋から顔を出したとして、元気な赤ちゃんの写真を公開した。お母さんコアラとともに一般公開しており、まだ小さく可愛らしい赤ちゃんコアラを見ることができる。

 コアラの赤ちゃんは、生まれてすぐお母さんのお腹の袋に移動し、約半年間を袋の中で過ごすという。7月11日に誕生した赤ちゃんは、スタッフ一同が慎重に見守り続ける中、平成30年(2018年)1月12日頃から頻繁に袋から顔を出すようになり、その姿を確認できるようになったという。

 赤ちゃんの父親はコロン(3歳)、母親はジンベラン(4歳)。コロンは平成29年6月1日に鹿児島市の平川動物公園から埼玉県こども動物自然公園にやってきたばかりだという。ジンベランは同園で2回目の出産になる。なお、赤ちゃんの性別はまだ判明していないそう。

 赤ちゃんは順調に成長しており、今後は袋から出てお母さんコアラの背中にしがみついている姿などが見られるようになるという。埼玉県こども動物自然公園では、赤ちゃんを含め9頭のコアラに会うことができる。

◆埼玉県こども動物自然公園
開園時間:9:30~16:30(入園は閉園の1時間前まで)
※2月11日~11月14日は9:30~17:00
休園日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開園)
※2018年1月23日(火)および1月30日(火)は施設点検のため休園
入園料:大人(高校生以上)510円(団体410円)、小人(小・中学生)210円(団体170円)
※未就学児・障害者手帳をお持ちの方は無料
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)