【中学受験2018】2/1首都圏入試ピーク、解答速報と最終出願状況・倍率

 埼玉県と千葉県に続き、東京都と神奈川県の2018年度(平成30年度)中学入学試験(入試)が解禁された。入試当日から解答速報を行う中学受験塾や最終出願倍率を紹介する。

教育・受験 小学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 埼玉県と千葉県に続き、東京都と神奈川県の2018年度(平成30年度)中学入学試験(入試)が解禁された。首都圏の中学受験シーズンはピークを迎え、多くの学校は2月上旬から中旬にかけて合格発表を実施する。受験生や未来の受験生に向け、入試当日から解答速報を行う中学受験塾や最終出願倍率を紹介する。

解答速報を行う中学受験塾



 四谷大塚は特設ページ「2018年度入試 中学入試解答速報」で解答速報を掲載中。2月1日実施校のうち、問題と解答が公開される予定の学校は開成、麻布、駒場東邦、武蔵、桜蔭、雙葉、女子学院、海城、渋谷教育学園渋谷、フェリス女学院。2月2日以降も、早稲田、早稲田実業中等部、栄光、聖光、豊島岡女子、浅野、慶應義塾中等部などの算数および理科について、問題と解答速報を掲載する予定。なお、一部の科目の閲覧には無料の会員登録が必要だ。

最終出願状況・倍率



 首都圏模試センターは「2018年度 出願倍率速報」で都道府県、共学区分などによる学校別出願倍率速報を公開している。日能研も同様に、各校の志願倍率を更新中

 2018年1月31日午後5時時点における出願状況(志願状況)と倍率は、開成4.1倍、麻布3.1倍、武蔵3.4倍、駒場東邦2.1倍、桜蔭2.3倍、雙葉3.1倍、女子学院3.2倍、豊島岡女子(2/2)6.8倍など。

人気高まる大学附属校の魅力



 2018年度の首都圏中学入試の傾向について、SAPIX(サピックス)小学部 教育情報センター本部長の広野雅明氏は「志願者数の増加が予想される学校は大きく2種類あり、1つが大学附属校で、2つは結果を出している進学校です。以前より大学附属校人気は注目されていますが、今後さらにその傾向が強まっていくと予想しています」とコメント。リセマムの特集「中学受験2018」で、結果を出している進学校情報などについて分析している。

 リセマムでは同特集で今後、各校の実質倍率や最新ニュースを掲載予定。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)