小型教育用プログラミングロボットの新機種「Ozobot Evo」2/10先行限定販売

 教育×ITで新たな学びを創出するキャスタリアは、アメリカのEvollve社が開発する教育用ロボット「Ozobot」の新機種「Ozobot Evo(オゾボット エボ)」の国内販売を、2018年2月10日に開始すると発表した。同日より全国のMoMA Design Storeなど先行限定発売する。

教育ICT 小学生
Ozobot Evo
  • Ozobot Evo
  • 新機能「近接センサーによる周囲の物体の検知」イメージ
  • 新機能「Bluetoothによる遠隔操作」イメージ
  • Ozobotのライントレース機能
 教育×ITで新たな学びを創出するキャスタリアは、アメリカのEvollve社が開発する教育用ロボット「Ozobot(オゾボット)」の新機種「Ozobot Evo(オゾボット エボ)」の国内販売を、2018年2月10日に開始すると発表した。同日より全国のMoMA Design Store 8店舗とMoMAオンラインストアにて先行限定発売する。

 Ozobotは、2015年にEvollve社が発売した小型プログラミングロボットで、世界最小だという。「ライントレース」機能を備え、紙やタブレット上に書かれた線を辿って自動走行するのが特徴だ。色を組み合わせたカラーコードを読み取らせることで、「右に曲がる」「一時停止」など自在に制御することが可能。ブロックプログラミング環境「OzoBlockly(オゾブロックリー)」を用いることで、タブレットやパソコン上で作成したプログラムを読み込ませ、より複雑な操作をすることもできる。

 新機種「Ozobot Evo」は、音声再生機能、近接センサー、Bluetooth通信の3つの新機能を搭載した最新機種。スピーカーによる音声再生は英語のみとなるが、音を再生させたり喋らせたりすることができる。近接センサーにより、周囲の物体を検知し物体に近づいたり遠ざかったりするプログラミングも可能に。Bluetooth による遠隔操作では、スマートフォンアプリを通じてラジコンのように操ることや、OzoBlocklyで作成したプログラムを転送することもできる。

 国内では、2月10日より全国8店舗(表参道、京都、渋谷ロフト、池袋ロフト、仙台ロフト、神戸ロフト、札幌ロフト、なんばロフト)のMoMA Design StoreおよびMoMAオンラインストアで先行販売を開始する。各店舗の売り場では実機を試すこともできる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)