【大学受験】研究にスポット、理工系専門の進学情報誌「F-Lab.」創刊

教育・受験 高校生

進学情報誌「F-Lab.」、進学情報サイト「F-Lab.net」(イメージ)
  • 進学情報誌「F-Lab.」、進学情報サイト「F-Lab.net」(イメージ)
  • 進学情報誌「F-Lab.」内記事
  • 進学情報誌「F-Lab.」内記事
  • 進学情報サイト「F-Lab.net」内記事
  • 進学情報サイト「F-Lab.net」内記事
  • 進学情報サイト「F-Lab.net」
 大学を中心とした教育機関の広告制作、高校教員・高校生・保護者への進学情報発信を行うアローコーポレーションは、理工系大学専門の進学情報誌「F-Lab.(エフラボ)」の第3号を2017年12月に刊行。同誌をベースとした進学情報サイト「F-Lab.net」をリニューアルした。

 ノーベル賞の自然科学分野における日本の受賞者(米国籍を含む)は、2000年以降17人を数え、近年では日本人が3年連続で受賞するなど高い注目を集めている。アローコーポレーションでは、こうした「日本の大学における理工系研究・研究者」にスポットを当てた新しいスタイルの情報誌「F-Lab.」ならびに進学情報サイト「F-Lab.net」を2016年3月にオープン。数ある進学情報誌・進学情報サイトの中でも、理工系大学専門かつ「研究」という切り口で大学の特長や魅力をアピールする、独自性の高い進学情報の提供を行ってきた。

 リリース後は、世界を変える可能性を秘めた最先端の科学技術や「大学教員=研究者」の姿にスポットを当てている点が高校の教育現場を中心に評価されているという。2017年12月には第3号となる「F-Lab. 2018」を刊行、さらに「F-Lab.net」も2018年版としてリニューアルオープンした。

 誌面およびサイトでは、東京理科大学や東京工業大学、金沢工業大学などの教授と研究内容を紹介。また、注目企業の研究開発チームや企業で活躍するエンジニア、理工分野で活躍するリケジョなど、より高校生に近い先輩たちの姿も紹介。幅広い内容で理工系大学進学を目指す高校生の好奇心や向学心を満たす情報を掲載している。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)