東北3県「すこやカラダ大作戦」4年目も継続、子どもの健康を推進

 小野薬品工業とスポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構は、スポーツやカラダを動かす楽しさを伝える3ヶ年プロジェクト「すこやカラダ大作戦」の継続を決定した。

生活・健康 小学生
スポーツの楽しさを伝えるプロジェクト「すこやカラダ大作戦」継続決定
  • スポーツの楽しさを伝えるプロジェクト「すこやカラダ大作戦」継続決定
  • スポーツの楽しさを伝えるプロジェクト「すこやカラダ大作戦」継続決定
小野薬品工業とスポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構は、スポーツやカラダを動かす楽しさを伝える3ヶ年プロジェクト「すこやカラダ大作戦」の継続を決定した。

「すこやカラダ大作戦」は、東北3県の復興支援活動の一環として、2015年3月に開始されたプロジェクトだ。東北3県で課題となっている小児肥満の改善をはじめ、子どもの健康推進を目的に実施。スポーツや健康に関するイベントを行い、継続的に運動する機会を提供し、スポーツやカラダを動かす楽しさを伝える。

3年間にわたり東北3県で開催した「すこやカラダ大作戦」を、2018年以降も継続して実施することを決定。4年目となる2018年は、「すこやカラダ大作戦inふくしま」と題して、福島県相馬市にて3月18日(日)に開催する。

イベントには、福島県相馬市の小学生低学年が参加する。ゲストアスリートは、ロンドン五輪バトミントン混合ダブルス日本代表の潮田玲子、北京五輪トランポリン日本代表の外村哲也、元サッカー日本代表の福田正博。アスリートによるパフォーマンス、スポーツレクリエーション、保護者対象の健康セミナー等を行う。

スポーツの楽しさを伝えるプロジェクト「すこやカラダ大作戦」継続決定

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)