3/1「春の嵐」受験直撃か、埼玉・千葉で公立高校入試…風雨に注意

生活・健康 中学生

画像はイメージです (Photo by Buddhika Weerasinghe/Getty Images)
  • 画像はイメージです (Photo by Buddhika Weerasinghe/Getty Images)
  • 気象庁 平成30年2月28日17時熊谷地方気象台発表の天気予報(今日28日から明後日2日まで)
  • 気象庁 平成30年2月28日17時銚子地方気象台発表の天気予報(今日28日から明後日2日まで)
 北海道から近畿地方において、荒天に警戒するよう呼びかけられている2018年3月1日。日本付近を通過する見込みの低気圧は“春の嵐”とも称され、大雨や暴風のほか、北海道では雪に注意が必要。同日は埼玉県および千葉県で公立高校入試が実施されることから、受験生は安全かつ余裕を持った移動を心がけたい。

 気象庁が2018年2月28日午後5時に発表した天気予報によると、埼玉県南部・北部・秩父地方における3月1日の降水確率は、午前0時から6時が90%、午前6時から正午が60%。朝の最低気温は、南部が6度、北部が5度、秩父地方が0度の一方、日中の最高気温は19~20度まであがる見込みで、寒暖差による体調の変化に注意したい。3月1日における千葉県の降水確率は、北西部が午前0時から6時までが90%、午前6時から正午までが60%。北東部は、午前0時から6時までが90%、午前6時から正午までが70%。

 なお、ウェザーニュースは2月28日、3月1日の天気について「西・東日本の広いエリアで風が強くなり、春一番が発表される可能性も」あるとコメント。東日本や近畿地方では、強雨に注意が必要だとしている。

 3月1日に学力検査が実施される平成30年度(2018年度)埼玉県公立高等学校入学者選抜について、埼玉県教育委員会は2月28日、実施状況に関する情報をWebサイトに掲載。3月1日の朝にかけて風雨が強まるとの予報が出ており、学力検査の開始時刻を繰り下げるなど、試験の実施に変更が生じる場合は、埼玉県教育委員会のWebサイトで公表するとしている。次回の情報更新は、3月1日午前6時ごろの予定。2月28日午後7時半の更新では、予定どおり学力検査を実施するとしている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)