NISC「情報セキュリティハンドブック」無料公開、アプリ配信スタート

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2018年3月16日、「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブックver3.00」を公開した。Webサイトと電子書店で閲覧できるほか、アプリ版の配信もスタートする。

教育ICT 先生
内閣サイバーセキュリティセンター
  • 内閣サイバーセキュリティセンター
  • 「情報セキュリティハンドブック」アプリ レイアウト自動調整(リフロー)形式に対応。イラストや文字を見やすいサイズに調整できる
  • 「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」電子書籍版を無料配信する電子書店の一覧
 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2018年3月16日、サイバーセキュリティに関する普及啓発活動の一環として、インターネット上のトラブルから身を守るための方法をわかりやすく解説した「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブックver3.00」を公開した。WebサイトにPDFファイルを無料掲載し、iBooks Store、Kindle ストアなど27の電子書店でも無料配信する。

 無料公開および配信に加え、スマートフォンやタブレットでも読みやすいレイアウト自動調整に対応した公式アプリ「情報セキュリティハンドブック」も公開。まずは3月16日からAndroid版を配信し、iOS版は後日公開する予定。対応端末は、iOS9以降 AndroidOS6 以降のスマートフォン、タブレット端末。

 「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」は、サイバーセキュリティに関する基本的な知識を学ぶことを目的に、NISCが作成した全160ページのハンドブック。著作権はNISCが保有するものの、サイバーセキュリティの普及啓発活動に利用する限りにおいては改変しないことを条件に、企業・学校内向けに印刷したうえで無料配布することも可能。

 PDF版やアプリ版の活用例など、詳細は内閣サイバーセキュリティセンターのWebサイトで確認できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)