【高校受験2018】岡山県公立高校入試、2次募集は県立全日制で計374人

教育・受験 中学生

岡山県教育委員会
  • 岡山県教育委員会
  • 二次募集の実施校・科および募集人員(県立全日制)
  • 一般入学者選抜(第I期)の募集定員、志願者数、合格者数等
 岡山県教育委員会は平成30年3月16日、平成30年度(2018年度)岡山県公立高校一般入学者選抜(第I期)における二次募集の実施について発表した。県立全日制19校31科において、374人を募集する。

 平成30年度岡山県公立高校の一般入学者選抜(第I期)は、県立全日制では募集人員8,003人に対し、8,957人が受験、7,629人が合格した。市立全日制では募集人員105人に対し、110人が受験、81人が合格した。

 岡山県教育委員会によると、二次募集は合格者数が募集人員に満たなかった県立全日制19校31科において実施する。募集人員は、県立全日制で合計374人。

 各学校の募集人員は、笠岡(普通)12人、倉敷天城(普通)14人など。市立全日制では、玉野市立玉野商工(ビジネス情報)15人、同(機械)9人、倉敷市立倉敷翔南(総合)29人、倉敷市立真備陵南(普通・3修)1人、同(普通・4修)22人の募集を予定している。

 二次募集の出願資格は、原則として一般入学者選抜(第I期)を受験し、県内の公私立いずれの高校にも合格していない者。ただし、一般入学者選抜で志願した学校・科・コース(第2志望を含む)には出願できない。

 二次募集の出願期間は、20日午後3時まで。3月22日に各志願校で面接を実施し、3月22日以降に合格者を発表する。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)