リコー・バッファロー、文教市場向け無線LAN整備事業で協業

教育業界ニュース 教育ICT

リコージャパンとバッファロー、文教市場向けの無線LAN 整備事業で協業 サービス概要のイメージ図
  • リコージャパンとバッファロー、文教市場向けの無線LAN 整備事業で協業 サービス概要のイメージ図
 リコージャパンとバッファローは2018年5月15日、文教市場向けの無線LAN整備事業で協業することを発表した。

 バッファローが開発・販売する法人向け無線LANアクセスポイントを、リコージャパンが提供する「ITKeeper 無線LANパック」の対象機器として、2018年6月初旬にラインアップに加える。

 無線LAN環境整備に向けた現地調査から導入、保守、クラウドを活用した一括での運用管理まで、リコージャパンがワンストップで提供する。5年間の訪問保守がセットに含まれており、万一の障害時も安心だという。

 標準価格例は、アクセスポイント20台の現地調査から導入・保守(5年間)の場合、103万円から(税別)。学校環境や要望に応じ、リコージャパンが個別に見積る。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)