梅雨入り・梅雨明け、2018年は早い予想…総雨量は平年よりやや多め

生活・健康 その他

2018年の梅雨の天気図イメージ
  • 2018年の梅雨の天気図イメージ
  • 2018年梅雨期間の傾向
  • 2018年梅雨の雨量傾向
 ウェザーニューズは2018年5月22日、「梅雨入り・梅雨明け見解」を発表した。2018年は梅雨入り・梅雨明けともに平年より早いところが多い予想。総雨量は広範囲で平年よりやや多めとなり、6月後半から7月上旬は大雨災害にも注意が必要だという。

 2018年はすでに5月7日に奄美で梅雨入り、翌8日には沖縄でも梅雨入りが発表され、沖縄は平年並み、奄美は平年より早い梅雨入りとなった。2018年「梅雨入り・梅雨明け見解」によると、2018年は梅雨前線の北上する時期が早いため、北陸を除く西・東日本の梅雨入りは平年より早く、北陸や東北は平年並みと予想されている。

 梅雨明けは、太平洋高気圧が日本の南東海上から強まる見通しであることから、南の地域からではなく関東甲信から梅雨明けしていく可能性もあるという。広範囲で平年より早い予想だが、九州では梅雨明けが平年より遅れる可能性がある。

 このため、梅雨期間は西日本を中心に平年並みか平年より長く、関東甲信や北陸、東北は平年より短い予想となっている。沖縄・奄美は6月中旬から下旬に梅雨明けし、西・東日本は6月上旬に梅雨入り、7月中旬から下旬に梅雨明けとなる予想。北陸や東北は6月中旬に梅雨入りし、7月中旬から下旬に梅雨明けとなる見込み。

 梅雨期間の総雨量は、南西諸島ではやや少ない、西日本ではやや多い、東日本と東北では平年並みからやや多い予想。6月後半から7月中旬は、梅雨前線が本州付近に停滞し、梅雨前線の活動が活発化しやすくなると予想されている。激しい雷雨や大雨により災害発生の恐れもあるため、特に西日本や東海、関東甲信を中心に大雨に対する警戒が必要だという。

 なお、梅雨の天気傾向に関する最新見解は、ウェザーニューズのスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やWebサイト「梅雨情報」で確認できる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)