国内タブレット端末出荷台数、2017年度は870万台…3年ぶり増

 2017年度通期(2017年4月から2018年3月)の国内タブレット端末出荷台数は、870万台で3年ぶりに増加したことが、MM総研が2018年5月22日に発表した調査結果より明らかになった。メーカー別ではAppleが8年連続シェア1位を獲得した。

教育ICT その他
2017年度通期のメーカー別出荷台数シェア
  • 2017年度通期のメーカー別出荷台数シェア
  • MM総研
 2017年度通期(2017年4月から2018年3月)の国内タブレット端末出荷台数は、870万台で3年ぶりに増加したことが、MM総研が2018年5月22日に発表した調査結果より明らかになった。メーカー別ではAppleが8年連続シェア1位を獲得した。

 国内タブレット端末出荷台数の調査は、「Wi-Fiタブレット」と、携帯キャリアの3G/LTE通信網が利用可能な「セルラータブレット」の日本国内における出荷台数を調べたもの。調査対象期間は2017年4月から2018年3月。

 2017年度通期の国内タブレット端末出荷台数は、前年度比3.4%増の870万台で、3年ぶりに増加した。メーカー別にみると、「Apple」が42.0%ともっともシェアが高く、日本でタブレット端末が登場した2010年度より8年連続で1位を維持した。続いて、2位「Huawei」、3位「LG」、4位「富士通」、5位「NECレノボグループ」だった。

 MM総研は、2018年度のタブレット出荷台数を前年度比3.4%増の900万台と予測。2017年度にわずかながらV字回復したタブレット市場は今後も微増トレンドが見込めるとしている。特に、Wi-Fiタブレットは文教市場を含めた法人需要のさらなる拡大が予測される。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)