【大学受験2021】早稲田大、政経など3学部で大学入学共通テスト導入

教育・受験 高校生

早稲田大学
  • 早稲田大学
  • 早稲田大学 入学センター
 早稲田大学は、現在の高校1年生が対象となる2021年度入試から改革を行うと発表した。政治経済学部、国際教養学部、スポーツ科学部の一般入試において、大学入試センター試験に代わって2021年1月に実施される大学入学共通テストを全受験生に課す。

 大学入試センター試験は、2020年1月実施を最後に廃止となり、2021年1月には第1回の大学入学共通テストが行われる。

 早稲田大学では、2021年度から一般選抜と大学入学共通テストを利用した入試の改革に着手。政治経済学部と国際教養学部の一般入試は、大学入学共通テスト、英語外部検定試験、学部独自試験の合計点で選抜する方式に変更する。

 政治経済学部(政治学科・経済学科・国際政治経済学科共通)の一般入試は、大学入学共通テスト100点、英語外部検定試験および学部独自試験100点の合計200点満点。大学入学共通テストは、外国語、国語、数学I・数学A、選択科目(地理歴史・公民・数学・理科)の4科目を25点ずつ換算。学部独自試験は、日英両言語による長文を読み解いたうえで解答する形式とする。

 国際教養学部の一般入試では、大学入学共通テストで国語、選択科目(地理歴史・数学・理科)の2科目を課す。学部独自試験は英語とし、英語外部検定試験はスコア提出者に加点する。配点などは、2019年度の初頭をめどに公表予定。

 スポーツ科学部は、従来の「一般入試」と「センター試験利用入試」を改め、大学入学共通テストを利用する「一般選抜A~C群(仮称)」に再編成する。「A群」は大学入学共通テスト2科目と小論文、「B群」は大学入学共通テスト4科目、「C群」は大学入学共通テスト3科目と競技歴調査書により選抜する。

 文化構想学部と文学部では、2020年度入試を最後に帰国生入試と大学入試センター試験利用入試(センターのみ方式)を廃止する。

 このほか、入試改革の一環として2021年度から全学部において、Web出願時に「主体性」「多様性」「協働性」に関する経験の記入を求める。これは、学校が作成する調査書の記載ではなく、受験生本人が自分自身の経験を振り返り、文章化するもの。記入は出願要件とするが、得点化はせず、学生調査データの一部として入学後の学部での教育の参考資料として活用するという。

 早稲田大学では、単なる知識だけではなく、思考力や判断力、表現力を必要とする問題を現行の一般入試でもすでに出題しているとし、「こうした出題についてさらに工夫を加えて、高校までの学習をより適切に評価できるように努めてまいります」としている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)