小学生や渋渋・浦高生など、日本ゲーム大賞2018「U18部門」決勝作品決定

教育ICT 小学生

日本ゲーム大賞 U18部門 決勝大会進出者
  • 日本ゲーム大賞 U18部門 決勝大会進出者
  • 日本ゲーム大賞 U18部門 決勝大会進出6作品
 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は2018年6月8日、主催する「日本ゲーム大賞 U18部門」の決勝大会に進出する6作品を決定したと発表した。作品のブラッシュアップ期間を経て、9月23日に東京ゲームショウ2018のステージイベントで決勝大会が催される。

 「U18部門」は、次世代を担うゲームクリエイターの発掘を目的に、2018年度から新設された18歳以下の小中学生および高校生などを対象としたゲーム制作コンテスト。初開催となる大会に全国から100を超えるエントリーが寄せられ、1次審査で選ばれた12作品が予選大会へと進んだ。

 予選大会は6月3日に東京渋谷にて開催。熱の入ったプレゼンテーションによる審査が行われ、事前に行ったゲームの試遊プレイによる実機審査と予選大会のプレゼンテーション審査との総合評価により、決勝大会に進出する6作品が決定した。

 決勝大会に駒を進めるのは、沖縄工業高等専門学校・古堅武琉さんの作品「THE REALITY」、横浜市立美しが丘小学校・池上颯人さんの作品「なんで僕だけこんな目に」、渋谷教育学園渋谷中学高校・浅野啓さんと埼玉県立浦和高校・田村来希さんによる作品「PERVERSE」、早稲田実業学校・菅野晄さんの作品「回一首(まわりっしゅ)」、徳島市立高校・渡邉大誠さんの作品「モチ上ガール」、神戸市立科学技術高校・原先亮介さん、薄井大輔さん、大本義貴さん、坂口智哉さんによる作品「RunGirl」の6つ。日本ゲーム大賞 U18部門のWebサイトでは、決勝大会進出作品の紹介動画を見ることができる。

 決勝大会進出チームは、予選大会での審査員のアドバイスを参考に作品をブラッシュアップ。最終的に完成した作品は決勝大会審査員の試遊プレイによる実機審査と、9月23日に東京ゲームショウ2018のイベントステージで開催される決勝大会での最終プレゼンテーション審査の評価により各賞が決定する。

◆「日本ゲーム大賞 U18部門」決勝大会
日時:2018年9月23日(日)10:00~12:00予定
会場:東京ゲームショウ2018 会場内イベントステージ
場所:幕張メッセ
※東京ゲームショウ2018は、2018年9月20日(木)~23日(日)開催
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)