千葉県公立学校、台風5号で23校が臨時休校

 千葉県教育委員会は平成30年6月11日、台風5号と梅雨前線による大雨の影響で、県内公立学校の臨時休業があったと発表した。午前9時現在、臨時休業の報告があった学校は全部休業が8校、一部休業が15校にのぼる。

教育・受験 小学生
画像はイメージ 画像:Japan Prepares For Typhoon Talas HIMEJI, JAPAN-SEPTEMBER 02(Photo by Buddhika Weerasinghe/Getty Images)
  • 画像はイメージ 画像:Japan Prepares For Typhoon Talas HIMEJI, JAPAN-SEPTEMBER 02(Photo by Buddhika Weerasinghe/Getty Images)
  • 平成30年6月11日の台風第5号と梅雨前線による大雨等の影響による県内公立学校等の臨時休業等の状況(6月11日午前9時現在)
  • 千葉県
 千葉県教育委員会は平成30年6月11日、台風5号と梅雨前線による大雨の影響で、県内公立学校の臨時休業があったと発表した。午前9時現在、臨時休業の報告があった学校は全部休業が8校、一部休業が15校にのぼる。

 千葉県内公立学校(千葉市立を除く)1,273校のうち、大雨の影響により、6月11日を全部休業とした学校は、市町村(組合)立小学校6校と市町村立中学校1校、県立特別支援学校1校の計8校。地域別にみると、小学校がいすみ市5校と御宿町1校、中学校がいすみ市1校、特別支援学校が袖ケ浦市1校。

 また、始業時間を遅らせるなど、安全に登校できるよう「一部休業」とした学校は、市町村(組合)立小学校11校と市町村立中学校3校、県立特別支援学校1校の計15校。地域別にみると、小学校が匝瑳市10校と佐倉市1校、中学校が匝瑳市2校といすみ市1校、特別支援学校が千葉市1校。

 なお、学校行事に伴い振替休業とした44校を除く1,206校は平常通り授業を実施している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)