【夏休み2018】六本木ヒルズ展望台に「触れる地球」登場、ワークショップも

 六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」に2018年夏、デジタル地球儀「触れる地球」や、沖縄美ら海水族館の協力による水槽が登場する。屋上のスカイデッキでは、宇宙や星について学べる子ども向けワークショップを開催する。

教育イベント 小学生
 六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」に2018年夏、デジタル地球儀「触れる地球」や、沖縄美ら海水族館の協力による水槽が登場する。屋上のスカイデッキでは、宇宙や星について学べる子ども向けワークショップを開催する。

 東京シティビューでは、景色や夜景とともに、世界の海と環境を考える体験型イベントを開催。「海」に焦点をあて、地球のふしぎ、地球の過去・現在・未来を学ベる「海の地球ミュージアム2018」や、六本木天文クラブによる子ども向けワークショップを行う。

 海の地球ミュージアム2018は、まるで海の中にいるような空間演出にデジタル地球儀「触れる地球」と沖縄の色とりどりの海の生物を観賞できる巨大水槽、ザトウクジラやマンタなどが遊泳する高精細4K映像が登場する。また、海と地球について学ぶ「子ども地球教室」を開催する。

 子ども向けワークショップは、「わくわくドキドキ星空観察 天体望遠鏡を作ろう!」と「わくわくドキドキ宇宙工作~地球と月のメジャーを作ろう!」の2つを開催する。天体望遠鏡作りでは、組立てから使い方、星空の見どころを天文の専門家がわかりやすく教える。メジャー作りでは、普通のメジャーとして使えるだけでなく、月と地球の大きさや距離もわかるメジャーを作る。参加費はいずれも有料で、事前申込みが必要。

◆海の地球ミュージアム2018
日時:2018年7月13日(金)~9月2日(日)10:00~22:00(最終入場21:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリー1(東京都港区六本木6-10-1)
参加費:無料、ただし展望台入館料(一般1,800円、高校・大学生1,200円、4歳~中学生600円、65歳以上1,500円)が必要
※申込不要
【子ども地球教室】
開催日:2018年7月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)、8月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)
時間:11:00~11:45
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリー1(東京都港区六本木6-10-1)
申込方法:東京シティビューWebサイトより申し込む(先着順)
申込期間:2018年6月23日(土)~ワークショップの前日まで(空きがあれば当日参加も可能)
参加費:無料、ただし展望台入館料が必要
推奨年齢:小学校高学年以上、大人のみでも参加可能
定員:20名+保護者

◆子ども向けワークショップ
【わくわくドキドキ星空観察 天体望遠鏡を作ろう!】
日時:2018年8月1日(水)16:30~19:00
会場:森タワー3Fプレゼンテーションルーム(東京都港区六本木6-10-1)
対象:小学1~6年生(6~12歳)
募集人数:30名
申込期間:2018年7月9日(月)~7月17日(火)
参加費:4,000円(参加する子どものスカイデッキまでの入館料含む)
申込方法:東京シティビューWebサイトにて確認のうえ申し込む(2018年7月上旬公開予定)

【わくわくドキドキ宇宙工作~地球と月のメジャーを作ろう!】
日時:2018年8月17日(金)15:00~/16:00~(各回30分)
会場:森タワー3Fプレゼンテーションルーム(東京都港区六本木6-10-1)
対象:小学1~6年生(6~12歳)
募集人数:30名
申込期間:2018年7月9日(月)~7月17日(火)
参加費:500円
申込方法:東京シティビューWebサイトにて確認のうえ申し込む(2018年7月上旬公開予定)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)