埼玉工業大学、自動運転技術の大学発ベンチャー設立

教育業界ニュース その他

埼玉工業大学、深谷市の公道での自動運転実証実験
  • 埼玉工業大学、深谷市の公道での自動運転実証実験
  • 埼玉工業大学、深谷市の公道での自動運転実証実験
埼玉工業大学(埼工大)は、私立大学初となる自動運転技術のベンチャー「株式会社フィールドオート」を6月26日に設立したと発表した。

埼工大は、近年、AI時代に対応し、自動運転技術に関する研究・開発に取り組む中、2017年10月よりSIP-adus大規模実証実験参加機関として、お台場周辺地域にて公道における実証実験を開始。同大学は私立大学としては唯一、世界的な大手自動車メーカーと共に本実証実験を行っている。さらに同年12月には、同大学キャンパスの地元、埼玉県深谷市において、県内初の公道による自動運転の実証実験を始めている。

今回設立したフィールドオートは埼工大のキャンパス内に設置され、同大学の学生も活動に参加。社長には埼工大の工学部情報システム学科 渡部大志教授が就任する。その事業目的は、高齢者等の交通弱者に優しく交通事故のない社会の実現。埼工大の自動運転実証実験の経験・ノウハウを生かし、オープンソースの自動運転ソフトウェアを開発・提供するティアフォー社との連携により、自動運転実証実験のサポートを中心に事業展開。その後は、学外へ移転、ティアフォー社との協力関係により、向こう3年間で約30件の自動運転実証実験に関する受託を目指す。

埼玉工業大学、自動運転技術の大学発ベンチャー設立 私立大学初

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)