経産省「未来の教室」ポータルサイト開設、EdTechデータベースも

 経済産業省は2018年8月27日、ポータルサイト「未来の教室 Learning Innovation」をオープンした。「未来の教室」実証事業の情報を一元化し、最新情報を発信していくほか、学校・学習塾・個人学習向けにEdTechのデータベースを構築し、ニーズに応じた検索も可能にした。

教育業界ニュース 教育ICT
未来の教室 Learning Innovation
  • 未来の教室 Learning Innovation
  • 経済産業省
 経済産業省は2018年8月27日、ポータルサイト「未来の教室 Learning Innovation」をオープンした。「未来の教室」実証事業の情報を一元化し、最新情報を発信していくほか、学校・学習塾・個人学習向けにEdTechのデータベースを構築し、ニーズに応じた検索も可能にした。

 経済産業省では、「未来の教室」実証事業として、EdTech・個別最適化・文理融合(STEAM)・社会課題解決をキーワードに、効率的な知識習得と創造的な課題発見・解決能力育成を両立する新たな学習プログラムの開発・実証を進めている。

 今回、実証プロジェクト群の進捗状況や課題・展望、学校・学習塾・家庭学習での活用に役立つ国内外のEdTechの最新動向などを広く情報発信するため、「未来の教室 Learning Innovation」ポータルサイトを正式オープンした。

 サイトでは、「未来の教室」実証事業の公募や関連イベントなど、情報発信窓口を一元化。8月27日に開始した委託事業者の第2次公募の詳細情報を掲載しているほか、7月から全国各地のフィールドで実証を開始した実証プロジェクト群の進捗や見通しなど、最新情報を発信していく。

 また、学校や学習塾、個人学習でのEdTech利用・調達を助ける機能として、国内外のEdTechに関するさまざまな情報をカテゴリごとに整理した「EdTechデータベース」を掲載。対象レベル、用途、教科タイプ、料金体系など、ニーズに応じて検索することができる。情報は随時追加するという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)