APU大学院、入試に動画面接を導入…留学生の負担軽減へ

 ODKソリューションズは2018年9月6日、入試向け動画面接サービス「Movie インタビュー for University」を立命館アジア太平洋大学(APU)大学院への提供を発表した。APUでは留学生対象入試向けに導入する。留学生の受験負担を軽減し、優秀な学生の受験機会拡大をねらう。

教育業界ニュース その他
Movie インタビュー for University 利用イメージ
  • Movie インタビュー for University 利用イメージ
  • Movie インタビュー for University 利用イメージ
  • Movie インタビュー for University サービス概要
  • 立命館アジア太平洋大学(APU)
 ODKソリューションズは2018年9月6日、入試向け動画面接サービス「Movie インタビュー for University」を立命館アジア太平洋大学(APU)大学院へ提供開始したと発表した。留学生対象入試向けに導入することが決定している。同社によると、大学入試において「動画面接サービス」が導入されるのは日本初。

 ODKは、Web出願システムや入試に関わる業務を一括受託する「入試アウトソーシングサービス」など、学校法人向けの多様なサービスを提供している。「Movie インタビュー for University」は、ODKが新たに提供を開始した動画面接サービス。文部科学省が進める大学入試の抜本的改革により、今後は面接などを通じた人物重視の入学者選抜がよりすすむと考えられることから、入試向けの提供を開始するに至ったという。

 「Movie インタビュー for University」を使用することで、面接者・受験生はあらゆるでデバイスから時間や場所を問わずWeb上で面接を受けたり評価したりすることができる。リアルタイム面接機能のほか、指定期日までに受験生が質問に回答する動画を撮影・登録し、面接者が登録された動画を複数人で閲覧して評価する録画方式の面接も可能。時間や場所の課題を解決するだけでなく、面接の度に同じ質問をする必要がなくなり、効率よく正確に評価することが可能になる点もメリットとしてあげられる。

 今回導入するAPUは、学部・研究科(大学院)合わせて約6,000人の学生のうち半数を90の国・地域からの留学生(国際学生)が占めるという、グローバルな大学。これまでAPU大学院の国際学生向け入試は、インターネット経由と現地会場の2種類で実施してきたが、面接者と受験生双方のスケジュール調整や試験場所の確保などに大きな負荷がかかっていたという。そうした課題解決の一環として、時間や距離の制約を受けずいつでもどこでも面接が実施できる「Movie インタビュー for University」の導入を決定した。

 導入にあたり、APUは「これまで大変な負担だった入試面接業務の負担軽減等に期待したい」「国内外からの入試面接受験が場所・時差問わず可能となるので、大学院選びの参考にしてもらいAPUで学び研究したいという世界の優秀な学生にぜひ出願してほしい」とのコメントを寄せている。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)