「Tech Kids Grand Prix」受賞者決定、ゲーム制作の小5が総合優勝

 小学生のためのプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix(テックキッズグランプリ)」の決勝プレゼンテーションが2018年9月24日に渋谷で開催され、初代グランプリが決定した。総合優勝は、ブロックの押し相撲ゲーム「オシマル」を制作した宮城采生さん。

デジタル生活 小学生
「Tech Kids Grand Prix」初代受賞者
  • 「Tech Kids Grand Prix」初代受賞者
  • 総合優勝/ゲーム部門1位 宮城采生さん(10歳・小学5年生)
  • ゲーム部門2位 羽柴陽飛さん(12歳・小学6年生)
  • ゲーム部門3位 長谷部環さん(9歳・小学3年生)
  • 自由制作部門1位 菅野晄さん(11歳・小学6年生)
  • 自由制作部門2位 澁谷知希さん(10歳・小学5年生)
  • 自由制作部門3位 吉田拓隼さん(10歳・小学5年生)
 小学生のためのプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix(テックキッズグランプリ)」の決勝プレゼンテーションが2018年9月24日に渋谷で開催され、初代グランプリが決定した。総合優勝は、ブロックの押し相撲ゲーム「オシマル」を制作した宮城采生さん。

 「Tech Kids Grand Prix(テックキッズグランプリ)」は、CA Tech Kidsが運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」主催のプログラミングコンテスト。「21世紀を創るのは、君たちだ」をスローガンに掲げ、IT企業10社を含む13団体のサポートと渋谷区、渋谷区教育委員会の後援のもと、2018年の今年初めて開催された。

 2018年4月、すべての小学生を対象に、指定のプログラミング言語を用いて開発した作品を募集したところ、国内外から1,019件のエントリーがあった。一次審査、二次審査を経て「ゲーム部門」「自由制作部門」で各6名、計12名の小学生を選出。9月24日の決勝プレゼンテーションで自身による作品発表が行われ、ミクシィ、サイバーエージェントなど協賛各社による厳正な審査のもと、各部門上位3名、総合優勝(各部門1位から1名)などを決定、表彰した。

 ゲーム部門1位および総合優勝を受賞したのは、10歳(小学5年生)の宮城采生さん。作品は、動物ブロックの重さやスピードなどを考えつつ、相手(CPU)のブロックと押し合いながら自分のブロックを先に敵陣にゴールさせる押し相撲ゲーム「オシマル」。ゲーム部門2位は、12歳(小学6年生)の羽柴陽飛さん。作品は、1人だけでなく対戦プレイでも遊べる新感覚ゲーム「Point vs.Line」。ゲーム部門3位は、9歳(小学3年生)の長谷部環さん。作品は、地球を守るため得点(光年)を競う王道シューティングゲーム「宇宙突戦争」。

 自由制作部門で1位を受賞したのは、11歳(小学6年生)の菅野晄さん。作品は、誰でも簡単に自分の好きな刺繍の図案を作成できるiOSアプリ「写刺繍」。2位は、10歳(小学5年生)の澁谷知希さん。作品は、2つのAPIとUnityを駆使し天候に合わせた服装を提案するアプリ「今日の洋服何着てく?」。3位は、10歳(小学5年生)の吉田拓隼さん。作品は、冷蔵庫にある食材で作れる料理を提案するお母さんのためのiOSアプリ「たべガチャ」。

 そのほか特別賞として、5社の協賛企業が選んだ協賛企業賞、一般投票により選ばれるオーディエンス賞を決定、表彰した。

 表彰では、各部門1位に20万円、2位に15万円、3位に10万円、オーディエンス賞に10万円の賞金が贈られた。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)