IB教育推進コンソーシアム、第1回シンポジウム10/14

 アオバジャパン・インターナショナルスクールは2018年10月14日、IB教育推進コンソーシアム第1回シンポジウムとして、「国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム2018」を開催する。参加無料。事前申込制。

教育イベント 先生
国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム2018
  • 国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム2018
  • 「国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム2018」プログラム
  • 文部科学省
  • アオバジャパン・インターナショナルスクール
 アオバジャパン・インターナショナルスクールは2018年10月14日、IB教育推進コンソーシアム第1回シンポジウムとして、「国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム2018」を開催する。参加無料。事前申込制。

 「国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム2018」は、国内における国際バカロレア教育のさらなる普及促進を目的として2018年5月に設立された「文部科学省IB教育推進コンソーシアム」の開始を記念して開催される。IB教育に関心のある学校や教員、保護者、学生、自治体関係者などに向けて「IB教育の効果」や「日本の学校へ導入する際のポイント」などを紹介する。

 シンポジウムは3部構成。第1部では、坪谷ニュウエル郁子氏、猪塚武氏、星野あゆみ氏による基調講演を実施。第2部では、高知県立高知西高校副校長の高野和幸氏、太田市長の清水聖義氏によるIB導入の事例紹介と質疑応答、第3部ではコンソーシアムICTプラットフォーム(AirCampus)の紹介とIB教育の修了者・保護者・教員によるパネルディスカッションを行う。申込締切は10月5日だが、定員500名までは期日を過ぎても受け付ける。参加無料。

 シンポジウム終了後には、シンポジウムに参加した教育関係者、学校関係者、自治体などを対象に情報交換会を実施する。「PYP」「MYP」「DP」「管理職」「教員養成」「進路・IB入試」「行政の部門」のセッションの中から1つに参加できる。シンポジウムとは別途申込みが必要。定員は250名。申込締切は10月9日。参加無料。

 シンポジウムおよび情報交換会の申込みは、文部科学省IB教育推進コンソーシアムのWebサイトにて受け付けている。

◆国際バカロレアに関する国内推進体制の整備事業シンポジウム2018
日時:2018年10月14日(日)13:00~17:00
会場:文部科学省3階講堂(東京都千代田区霞が関3-2-2)
対象:IB教育に関心のある団体・個人
募集人数:500名(先着順)
締切:2018年10月5日(金)
※定員500名までは期日を過ぎても受け付ける
参加費:無料
申込方法:文部科学省IB教育推進コンソーシアムのWebサイトにて申し込む

<情報交換会>
日時:2018年10月14日(日)17:30~18:30
会場:文部科学省食堂(東館1F)
対象:シンポジウムに参加した教育関係者、学校関係者、自治体など
募集人数:250名
締切:2018年10月9日(火)
参加費:無料
申込方法:文部科学省IB教育推進コンソーシアムのWebサイトにて申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)