ドラフト会議、今夜17時より「Player!」リアルタイム速報

 ookamiは、10月25日に行われる「2018年プロ野球ドラフト会議」の模様を「Player!」でリアルタイム速報する。大阪桐蔭高校の根尾昂選手、藤原恭大選手、金足農業高校の吉田輝星選手など、逸材が豊富な2018年のドラフトを1位から育成まで全指名にわたって紹介する。

生活・健康 その他
2018年プロ野球ドラフト会議の速報(イメージ)
  • 2018年プロ野球ドラフト会議の速報(イメージ)
  • Player! (イメージ)
 ookamiは、10月25日に行われる「2018年プロ野球ドラフト会議」の模様を「Player!」でリアルタイム速報する。大阪桐蔭高校の根尾昂選手、藤原恭大選手、金足農業高校の吉田輝星選手など、逸材が豊富な2018年のドラフトを1位から育成まで全指名にわたって紹介する。

 2018年プロ野球ドラフト会議は、10月25日午後5時に開始予定。1巡目は、全12球団が選択を希望する選手名を同時入札し、指名が重複した場合は抽選で決定。抽選に外れた球団は再度入札し、全球団の選択が確定するまで繰返し行う。2巡目は「球団順位の逆順」、3順目は「球団順位」で指名。以後交互に折り返しで指名していく。

 ookamiによると、7球団が競合した2017年の清宮幸太郎選手(北海道日本ハムファイターズ、早稲田実業高校卒)のような超大物はいないが、2018年は実力派ぞろい。大学生・社会人の即戦力候補投手、将来有望な高校生内野手が豊作な年だという。

 目玉選手には、東洋大学の三羽烏と言われる甲斐野央投手、梅津晃大投手、上茶谷大河投手、甲子園で春夏連覇を果たした大阪桐蔭高校の根尾昂選手と藤原恭大選手、準優勝した金足農業高校の吉田輝星投手をあげている。

 「Player!」では、2018年プロ野球ドラフト会議の模様を10月25日午後5時からリアルタイムで速報。各球団の1位指名選手、入札抽選の結果をはじめ、育成ドラフトにいたるまで、全球団の指名選手をいち早く発表する。

 「Player!」は、スポーツの「リアル」を体験できるスマートフォンアプリ。利用は無料(アプリ内課金なし)。現在、iPhone版、Apple Watch版がリリースされており、Android版は近日公開予定。App Storeよりダウンロードできる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)