こどもプログラミング・サミット、福井で12/26

 第4回こどもプログラミング・サミット2018 in Fukuiが2018年12月26日に福井市にぎわい交流施設で開催される。「これだ!学校のプログラミング教育」と題し、情報共有や議論を交わす。定員は50人。申込みは先着順に受け付け、定員に達し次第締め切る。

教育イベント 先生
第4回こどもプログラミング・サミット2018 in Fukui
  • 第4回こどもプログラミング・サミット2018 in Fukui
  • 第4回こどもプログラミング・サミット2018 in Fukui
 第4回こどもプログラミング・サミット2018 in Fukuiが2018年12月26日に福井市にぎわい交流施設で開催される。「これだ!学校のプログラミング教育」と題し、情報共有や議論を交わす。定員は50人。申込みは先着順に受け付け、定員に達し次第締め切る。

 こどもプログラミング・サミットは、公教育や民間教育で教える立場の人、教育に興味がある人、子どもたちの将来を考える人など、産学官の各界から広く集まり、プログラミング教育のアイデアを共有し、意見を交換するイベント。2016年12月に福井県で初開催、2017年12月に福井で第2回、2018年2月に東京で第3回が開催された。これからの日本の教育に必要なアクションを参加者と共に考え、サミット後の活動につなげていくのが目的。

 4回目となる今回は、「これだ!学校のプログラミング教育」と題し、教育現場での取組みに関する先行事例や課題・展望について議論を交わす。2020年に迫る小学校でのプログラミング教育必修化に向けて、具体的な活動のヒントや方向性、情報などを発信する。

 ゲストスピーカーとして、小金井市立前原小学校の松田孝校長や、リクルート次世代教育研究院の小宮山利恵子院長、鯖江市の牧野百男市長などが登壇する。有識者によるパネルディスカッションや、来場者全員が参加するグループディスカッションなど、「対話」を重視したプログラムとなっている。

 参加申込みは、Webサイトより先着順に受け付ける。申込締切は12月21日だが、定員に達し次第、締め切る。

◆第4回こどもプログラミング・サミット2018 in Fukui
日時:2018年12月26日(水)13:00~17:00(12:30受付開始)
会場:福井市にぎわい交流施設ハピリン3F「ハピリンホール」(福井県福井市中央1丁目2-1)
対象:教職員、プログラミング教育に関心のある人
募集人数:50人
締切:2018年12月21日(金)※ただし、定員に達し次第、締め切る
参加費:無料
申込方法:Webサイトより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)