「第五回全国高校生未来会議」第2次募集12/28まで…奨学生招待枠も

 リビジョンは2019年3月25日から27日まで、2019年3月時点で中学3年生から高校3年生を対象に、「第五回全国高校生未来会議」を開催する。特別枠として、中学1年生から3年生も応募できる。定員は200名(特別枠含む)。

教育イベント 高校生
第五回全国高校生未来会議
  • 第五回全国高校生未来会議
  • リビジョン
 リビジョンは2019年3月25日から27日まで、2019年3月時点で中学3年生から高校3年生を対象に、「第五回全国高校生未来会議」を開催する。特別枠として、中学1年生から3年生も応募できる。定員は200名(特別枠含む)。

 「全国高校生未来会議」は、全国から一般公募・選抜された高校生200名が「各都道府県の代表」として、これからの未来を見据えた政策などを社会や政治家に提言する合宿型のアイデアプランコンテスト。これまでのべ1,000名以上の高校生と約200名の国会議員が参加している。ほかにも多くの地方首長・地方議員・大学教授・企業経営者などが参加しており、内閣総理大臣の安倍晋三氏が参加した回もあった。

 5回目を迎える今回は、おもなコンテンツとして、「G20各国学生とのG20未来会議」「各党代表者による『高校生』のための公開演説会」「LGBTQ+未来会議」「男女共同参画未来会議」「国会議員とのランチミーティング」「国会議員とのブラインドウォーク」の6つを予定。参加予定のゲストについては近日公開としている。

 対象は、2019年3月時点で、中学3年生(新高校1年生)から高校3年生またはそれに準じる年齢の者。特別枠として、中学1年生から3年生またはそれに準じる年齢で、かつ応募資格に準じる能力を有すると認められる者も応募可能。エントリーフォームの内容により、リビジョン高校生未来会議戦略会議が選考する。

 参加費は、2万5,000円(運営に原価費用の負担)。宿泊費・飲食費・開催場所と宿泊所間の交通費は参加費に含まれる。奨学生招待枠を設けており、参加費免除5名と参加費交通費免除5名の計10名を予定している。

 応募は、リビジョンのWebサイト内参加応募エントリーフォームにて受け付けている。定員は200名(奨学生・特別枠含む)。12月1日から第2次募集が開始され、締切りは12月28日。最終募集期間は2019年1月3日から20日を予定しているが、応募状況により募集中止や期間延長となる可能性がある。

◆第五回全国高校生未来会議
日程:2019年3月25日(月)~27日(水)※2泊3日
会場:衆議院第一議員会館(東京都千代田区永田町2-2-1)※予定
宿泊場所:非公表(保安の関係上、選考通過者にのみ通知)
対象:
・2019年3月時点で、中学3年生(新高校1年生)~高校3年生またはそれに準じる年齢の者
・中学1年生~3年生またはそれに準じる年齢で、かつ応募資格に準じる能力を有すると認められる者(特別枠)
募集人数:200名(奨学生・特別枠含む)
参加費:2万5,000円(運営に原価費用の負担)※宿泊費・飲食費・開催場所と宿泊所間の交通費込
募集期間:
<第2次募集>2018年12月1日(土)~12月28日(金)
<最終募集>2019年1月3日(木)~1月20日(日)
※応募状況により、最終募集の中止や期間延長の可能性あり
※応募は1名につき1回まで
応募方法:リビジョンのWebサイト内参加応募エントリーフォームにて応募する
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)