月刊 天文ガイドが「ふたご座流星群」を生中継…12/14午後7時より

 「月刊 天文ガイド」は2018年12月14日午後7時から、ニコニコ生放送で「ニコニコ天体観測『ふたご座流星群2018を見よう!』」を放送する。2018年の最後を飾る天文イベントとして、ふたご座流星群の模様を暗い夜空の観測地からリアルタイムで届ける。

趣味・娯楽 その他
2017年のふたご座流星群(写真:及川聖彦氏)
  • 2017年のふたご座流星群(写真:及川聖彦氏)
  • ふたご座流星群の見え方(12月14日21時ごろの空 図:藤井 旭氏)
  • 月刊 天文ガイド2019年1月号(特別付録付き)
 「月刊 天文ガイド」は2018年12月14日午後7時から、ニコニコ生放送で「ニコニコ天体観測『ふたご座流星群2018を見よう!』」を放送する。2018年の最後を飾る天文イベントとして、ふたご座流星群の模様を暗い夜空の観測地からリアルタイムで届ける。

 「ふたご座流星群」は三大流星群の1つで、明るい流星が頻繁に流れ、見応えがある流星群。2018年は月明かりの影響が少なく、暗い夜空で流星群を見られるため、ここ数年でもっとも良い観測条件で見られるという。

 天文現象の生中継番組「ニコニコ天体観測」では、「天文ガイド」ニコニコ天体観測チームが暗い夜空の観測地に遠征し、流星群の出現がピークを迎える12月14日午後7時から15日朝まで現地から生中継する。流星群のリアルなようすをとらえるために、高感度特性に優れた撮影機材として、高感度カメラ「ソニーα7sII」を使用。臨場感のある映像で流星群の模様をリアルタイムで届ける。

 ナビゲーターは、「天文ガイド」カメラマンの井川俊彦氏が務め、天体写真家の及川聖彦氏が出演する。「流星群ってどういう現象?」「どうやって観察すればよいの?」などの疑問に答えながら、流星群の観察方法について紹介する。

◆ニコニコ天体観測「ふたご座流星群2018を見よう!」
日時:2018年12月14日(金)19:00~15日(土)4:00(予定)
※番組内容が天候に大きく左右されるため、当日の天候によって中止または内容が変更になる場合がある
企画・制作:月刊 天文ガイド
ナビゲーター:井川俊彦氏(「月刊 天文ガイド」カメラマン)
出演:及川聖彦氏(天体写真家)
協力:ソニーマーケティング、シグマ、トヨタ自動車
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)