【冬休み】車でのおでかけ困りごと1位は「駐車場問題」

 駐車場予約アプリ「akippa(アキッパ)」を運営するakippaは、「冬休みの過ごし方に関するアンケート」を実施。冬のおでかけの寒さ対策として約半数は「車で移動する」ことを考えており、車でのおでかけの困りごとは「渋滞」を抑えて「駐車場問題」が1位となった。

生活・健康 その他
この冬行きたい都道府県
  • この冬行きたい都道府県
  • この冬休みでかけたいスポット
  • 平成最後の年越しをどこで迎えたいか
  • 冬のおでかけでの寒さ対策(複数回答可)
  • 冬の車でのおでかけの困りごと(複数回答可)
  • 夏の車でのおでかけの困りごと(2018年夏実施:複数回答可)
 駐車場予約アプリ「akippa(アキッパ)」を運営するakippaは、「冬休みの過ごし方に関するアンケート」を実施。冬のおでかけの寒さ対策として約半数は「車で移動する」ことを考えており、車でのおでかけの困りごとは「渋滞」を抑えて「駐車場問題」が1位となった。

 冬休みの過ごし方に関するアンケートは、東京・大阪の10代から70代以上のakippaユーザーを対象に実施。男性724人、女性592人、計1,316人の有効回答を得た。調査期間は2018年12月1日から7日。

 この冬行きたい都道府県は、四季折々の景色が楽しめる「京都府」が1位に選ばれた。神社仏閣の多い京都での初詣や、雪景色など冬ならではの絶景を見に行きたいとの意見も多く、4人に1人(26%)が回答した。2位は冬を暖かく過ごせる「沖縄県」がランクイン。ハイシーズンの夏に比べて旅行代金が安く、観光客が少ない点も魅力のようだ。

 この冬休みでかけたいスポットは、「温泉」がもっとも多く41%が回答。寒い時期に温泉で温まりたいとの意見が多かった。ついで、2位「スキー、スノーボード」12%、3位「その他」10%、4位「テーマパーク」9%という結果となった。平成最後の年越しを迎える場所については、71%が「家」、11%が「帰省先」と回答。80%以上が家や実家でゆっくり年越しを迎えたいと考えていることがわかった。

 冬のおでかけでの寒さ対策については(複数回答)、「マフラーや手袋などの防寒具」がもっとも多く76%、ついで「車で移動する」が49%という結果に。寒さを気にすることなくでかけられるのが大きなメリットであり、約半数は寒い日は車で移動することで乗り切ろうと考えているようだ。

 冬の車でのおでかけの困りごとについて聞くと(複数回答)、「駐車場問題」がもっとも多く89%が回答。「駐車場が満車」「駐車場が見つからない」という意見が多く、車移動の最大のデメリットとも言える「渋滞」66%や、冬ならではの「道路の凍結」42%、「大雪による道路封鎖」25%といった回答を抑えて1位となった。夏に実施した同アンケートでも、車でのおでかけの困りごと1位は「駐車場問題」という結果が出ており、季節を問わずドライバーの大きな課題となっているようだ。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)