フィンランドに学ぶ、働き方改革・言語教育…シンポ1/26

 Kuu.365 Early Years Development & Learning(以下Kuu.365)は2019年1月26日、「働きながら子育てを楽しむ生活」と「言語教育」をテーマとした2つの国際シンポジウムを開催する。参加費は各2,000円。

教育イベント 先生
幸せの国世界第一位フィンランドから学ぶ「働きながら子育てを楽しむ生活」
  • 幸せの国世界第一位フィンランドから学ぶ「働きながら子育てを楽しむ生活」
  • 幸せの国世界第一位フィンランドから学ぶ「働きながら子育てを楽しむ生活」
  • 幸せの国世界第一位フィンランドから学ぶ「働きながら子育てを楽しむ生活」
  • グローバル社会を生きる知性とは「言語とアイデンティティ」-フィンランドの言語教育に学ぶ日本の英語教育-
  • グローバル社会を生きる知性とは「言語とアイデンティティ」-フィンランドの言語教育に学ぶ日本の英語教育-
  • グローバル社会を生きる知性とは「言語とアイデンティティ」-フィンランドの言語教育に学ぶ日本の英語教育-
 Kuu.365 Early Years Development & Learning(以下Kuu.365)は2019年1月26日、「働きながら子育てを楽しむ生活」と「言語教育」をテーマとした2つの国際シンポジウムを開催する。参加費は各2,000円。

 Kuu.365が開催する2つの国際シンポジウムは、それぞれ「働きながら子育てを楽しむ生活」「言語教育」がテーマ。フィンランドから専門家を招き、“グローバル社会を生きる知性とは”を考える産官学民連携プログラムを提供する。

 「働きながら子育てを楽しむ生活」をテーマとしたシンポジウムでは、社会インフラが充実しているフィンランドの事例から、産官学民連携の日本の新しいワークスタイルを提案する。妊娠・出産期において所得や国籍に関係無く無償利用でき、国民の生活を支えるフィンランドの相談の場所「ネウボラ」や、地域で親子を支える日本での取組みなどを紹介する。定員は200名。

 「言語教育」をテーマとしたシンポジウムでは、日本とフィンランドの研究者が基礎研究から得た成果を「言語とアイデンティティ」をテーマに発表を行う。美術館教育プログラムでの社会的な取組みや、エージェンシー(主体的な態度)を育むマルチリテラシー教育の実践、英語を身に付けるために必要なことなどについて紹介する。日本での取組みとして、内田洋行の語学学習環境への取組みも紹介する。定員は120名。

 シンポジウムに合わせ、0歳から9歳のワークショップ(託児保育)を同時開催する。シンポジウム申込時に、ワークショップの参加の有無を回答すること。各時間先着15名。

 参加費は各2,000円。申込みは、Kuu.365のWebサイトにて受け付けている。

◆Kuu.365 国際シンポジウム
日程:2019年1月26日(土)
参加費:各2,000円
申込方法:Kuu.365のWebサイトにて申し込む

<幸せの国世界第一位フィンランドから学ぶ「働きながら子育てを楽しむ生活」>
時間:10:00~12:00
会場:サイボウズ( 京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー27階)※受付7階
対象:一般、企業の働き方改革担当者、自治体職員、大学関係者、小学校教諭、幼稚園教諭・保育士・子育て支援関係者、子育て中の保護者など
募集人数:200名

<フィンランドの言語教育から学ぶ日本の英語教育 グローバル社会を生きる知性とは「言語とアイデンティティ」>
時間:13:30~17:00
会場:内田洋行 新川本社 ユビキタス協創広場(東京都中央区新川2-4-7 CANVAS2F)
対象:一般、大学関係者、小学校教諭、幼稚園教諭・保育士・子育て支援関係者、子育て中の保護者、学生など
募集人数:120名
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)