2019年スギ・ヒノキ花粉対策、超高精細「Ai花粉予報」1/17開始

 花粉症サポートを行うフォーチュンは2019年1月17日、世界最先端のAI技術を搭載したスギ・ヒノキ花粉予報サービス「AI花粉予報」による2019年のスギ・ヒノキ花粉予報情報の提供を開始した。花粉症患者への情報提供サイト「花粉症サポート情報」で見ることができる。

生活・健康 その他
2018年配信の「AI花粉予報」
  • 2018年配信の「AI花粉予報」
  • 花粉症サポート情報
 多岐にわたる花粉症サポートを行うフォーチュンは2019年1月17日、世界最先端のAI技術を搭載したスギ・ヒノキ花粉予報サービス「AI花粉予報」による2019年のスギ・ヒノキ花粉予報情報の提供を開始した。花粉症患者への情報提供サイト「花粉症サポート情報」で見ることができる。

 「AI花粉予報」は、花粉粒子の拡散専用に最適化したシミュレーターを使用している高精度の花粉飛散予測システム。AIを搭載した花粉予報の提供サービスは日本初の試みだという(2018年2月フォーチュン独自調べ)。フォーチュンは花粉粒子の拡散専用のシミュレーターを独自に開発し、さらにAIテクノロジーで数値解の揺らぎや誤差を補正し精度をアップしたことで、2km四方のエリアごとの1時間単位での詳細な予報を可能にした。

 「AI花粉予報」では、スギの植生面積が少ない北海道、沖縄を除き、東北地方(北部・南部)、関東地方(北部・南部)、中部地方(北部・南部)、近畿地方、中国地方(東部・西部)、九州地方(北部・南部)の計11エリアに分けて予報を配信。予報はリアルタイムで更新され、1時間ごとに36時間先までの花粉予報を知ることが可能。エリアごとに地図上に花粉の飛散予想を色分けして表示するため、一目で花粉の飛散量が確認できる。外出時などに「これから行く場所では何時に花粉のピークが来るのか」を事前にチェックし、外出時間帯の参考にすることもできる。

 フォーチュンによると、2019年春の東京のスギ・ヒノキ花粉飛散量は過去10年平均値を大幅に超える見込みだという。花粉症患者への情報提供サイト「花粉症サポート情報」では、「AI花粉予報」のほか、花粉症の基礎知識、対策・予防などについても情報を発信している。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)