立命館小・正頭英和氏トップ10に選出「グローバル・ティーチャー賞2019」

英国の「バーキー財団」は、世界の優れた教師を選出する「グローバル・ティーチャー賞 2019」の最終候補者10人を2019年2月21日に発表。立命館小学校(京都)の正頭英和(しょうとうひでかず)氏を選出した。

教育業界ニュース その他
「グローバル・ティーチャー賞2019」トップ10に選出された立命館小学校  正頭英和 氏
  • 「グローバル・ティーチャー賞2019」トップ10に選出された立命館小学校  正頭英和 氏
  • 立命館小学校 Webサイト
 英国の「バーキー財団」は、世界の優れた教師を選出する「グローバル・ティーチャー賞 2019」の最終候補者10人を2019年2月21日に発表。立命館小学校(京都)の正頭英和(しょうとうひでかず)氏を選出した。

 正頭英和氏は、立命館小学校の英語科教諭。英語科の授業の中で、小中高生に人気のゲーム「マインクラフト」を活用したPBL(Problem Based Learning)授業をスタート。「これからの時代は、『使える英語力の育成』が重要になる。従来の英語授業・指導方法ではなく、大きなシフトチェンジが必要」といった考え方のもと、普段の生活圏ではなかなか世界とのつながりを感じる機会が少ない児童たちに、マインクラフトで製作したお互いの国々の世界遺産を紹介する機会を創出することによって、英語でのコミュニケーション力やプレゼンテーション力を自然と身に付ける授業を行っている。

 正頭英和氏は「立命館小学校の教育理念や学習環境、多くの先生方の協力があってこその成果だと考えています。立命館小学校の教育を世界に広げられるチャンスになればと思っています。」とコメントしている。

 世界約150か国・約30,000人から選ばれ、賞金100万ドルが優勝者に贈られる「グローバル・ティーチャー賞」。最終候補者の10人は、2019年3月にアラブ首長国連邦のドバイで開催される教育フォーラムでのパネルディスカッションに参加し、優勝者1名が決定となる。

 「本物のスーパーヒーローは教師」と語る映画俳優のヒュー・ジャックマン氏による「グローバル・ティーチャー賞 2019」最終候補者10人の発表映像も公開している。

《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)