神奈川私立中高の転・編入学…1学期は桐蔭学園、鎌倉学園など88校

 神奈川県は2019年2月21日、平成31年(2019年)第1学期(前期)受入れの私立中学・高等学校などの転・編入学試験実施計画を公表した。県外からの一家転住者や海外帰国生徒などを対象に、高校は全日制44校と通信制3校、中学校は39校、中等教育学校は2校が実施する。

教育・受験 中学生
転・編入学実施計画の状況
  • 転・編入学実施計画の状況
  • 全日制高校
  • 全日制高校/通信制高校
  • 中学校
  • 中学校/中等教育学校
 神奈川県は2019年2月21日、平成31年(2019年)第1学期(前期)受入れの私立中学・高等学校などの転・編入学試験実施計画を公表した。県外からの一家転住者や海外帰国生徒などを対象に、高校は全日制44校と通信制3校、中学校は39校、中等教育学校は2校が実施する。

 神奈川県の私立中学・高等学校などでは、毎年保護者の転勤などによる県外からの一家転住者や海外帰国生徒のための転・編入学試験を実施している。県ではその状況を取りまとめて年3回情報を提供しており、今回は平成31年度(2019年度)第1学期(前期)受入れについての情報を公表した。情報は1月31日現在の状況をまとめたもの。

 転・編入学試験を実施するのは、全日制高校44校、通信制高校3校、中学校39校、中等教育学校2校。神奈川県のWebサイトでは、学校ごとの募集人員や応募条件、募集期間、試験日などを一覧にまとめて掲載している。

 このうち、桐蔭学園は中学2年生の女子、中学3年生の男女および中等教育学校の3年生男子を若干名募集。鎌倉学園は高校2年生男子と中学2年生男子を若干名、桐光学園は高校2年生男女と中学2・3年生男女を若干名、逗子開成は高校2年生男子と中学2・3年生男子を若干名、鎌倉女学院は高校1・2年生女子と中学3年生女子を若干名募集する。

 各学校によって応募条件や募集学年・人数などが異なるため、応募資格や必要書類、試験科目などの詳細は各学校に問い合わせること。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)