ソニー教育財団「科学の泉-子ども夢教室」第15回塾生、5/7まで募集

 ソニー教育財団は2019年3月1日から5月7日まで、「科学の泉-子ども夢教室」の参加者を募集する。15回目となる今回は、8月4日から9日に新潟県十日町市のあてま高原リゾートベルナティオにて開催される。小学5年生から中学2年生(2019年8月時点)が対象。

教育イベント 小学生
科学の泉-子ども夢教室
  • 科学の泉-子ども夢教室
  • 第14回 科学の泉(2018年度)開催レポート
 ソニー教育財団は2019年3月1日から5月7日まで、「科学の泉-子ども夢教室」の参加者を募集する。15回目となる今回は、8月4日から9日に新潟県十日町市のあてま高原リゾートベルナティオにて開催される。小学5年生から中学2年生(2019年8月時点)が対象。

 「科学の泉-子ども夢教室」は、ノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏を塾長とし、毎年、夏期休暇中に開催されている自然体験教室。自然をじっくり観察することを通して、子どもたちが自然の美しさや不思議を体験することにより、好奇心や創造力を引き出し、科学により一層興味を抱くようになって欲しいと願って始めた企画。子どもたちが自然の中に身をおき、思い切り自然と親しむことにより「なぜ?」と感じ、「なぜ」を解き明かすために自ら学ぼうとする意欲を高めることを目的としている。

 今回は「自然に学ぶ」をメインテーマとし、自然の中で「自ら疑問や関心をもち、よく観察し、よく記録し、よく調べ、よく考える」ことを大切に活動。自然探究活動や白川氏のノーベル賞受賞のきっかけとなった導電性プラスチックの実験などを実施する。最終日には活動報告を行い、白川氏よりひとりひとりに修了証書が手渡される。

 子どもたちは期間中、異学年で構成されたグループでの行動を基本として自立的に生活する。安全などに配慮し、各グループには指導員が1名付き、子どもたちが伸び伸びと活動できる環境を整える。

 また、プログラム修了後も毎年「交流会」を開催。同年度の塾生だけでなく、異なる年度に参加した塾生とも交流できる。それぞれが興味を持っていることや夢を伝え合う中で、お互いに励ましあい、高めあえるような交流が期待できる。

 参加費は1人2万円(食費・教材費込)。現地までの交通費は自己負担となる。応募は、郵送にて受け付けている。締切りは5月7日(当日消印有効)。

 第一次選考(書類)は、5月中旬に結果を発送する。6月8日と9日に東京にて第二次選考(面接)を行い、6月中旬に結果を発送する。応募書類はWebサイトよりダウンロードできる。

◆第15回 科学の泉-子ども夢教室
日時:2019年8月4日(日)~9日(金)の5泊6日
会場:あてま高原リゾートベルナティオ(新潟県十日町市珠川)
対象:応募条件を満たす小学5年生~中学2年生(2019年8月時点)
※過去に開催された「科学の泉」参加者は応募できない
募集人数:約30名
締切:2019年3月1日(金)~5月7日(火)
※当日消印有効
参加費:2万円(食費・教材費込)
※現地までの交通費は自己負担
応募方法:指定書類郵送にて応募する
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)