プログラミング教育市場、5年後は2.3倍の250億円超に拡大

 子ども向けプログラミング教育市場は、2024年に2019年の2.3倍、250億円超に拡大すると予測されることが、コエテコ byGMOと船井総合研究所の共同調査結果より明らかになった。

教育ICT その他
子ども向けプログラミング教育市場調査
  • 子ども向けプログラミング教育市場調査
 子ども向けプログラミング教育市場は、2024年に2019年の2.3倍、250億円超に拡大すると予測されることが、コエテコ byGMOと船井総合研究所の共同調査結果より明らかになった。

 GMOメディアが運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」は、船井総合研究所と共同で「2019年 子ども向けプログラミング教育市場調査」を実施した。調査は、2社によるプログラミング教育市場関係者へのヒアリングと、2社が保有するデータや調査機関の公開情報の収集に基づく。調査対象は「プログラミング教室」または「ロボット・プログラミング教室」に該当する民間運営で月謝制の継続受講型の子ども向けプログラミング教室・スクール。調査期間は2019年1月~2月。

 2019年の子ども向けプログラミング教育市場規模は114億2,000万円と、2018年の市場規模90億7,100万円と比較して約25.9%増加する見込み。増加が見込まれる理由は、2020年からの「小学校でのプログラミング教育必修化」を背景に、プログラミング教育市場が大きく成長が見込める市場として注目を集めており、新規参入企業が増加したことによる。この傾向は5年後の2024年も継続すると考えられ、2024年には257億3,000万円と2019年の約2.3倍になると予測される。

 また、対象年齢の拡充や低価格なプログラミング教室の増加など、環境が整備されていくことで市場拡大はより加速し、2030年までに1,000億円を超える可能性があるという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)