横浜市大、大学院「データサイエンス研究科」2020年度開設予定

 横浜市立大学は2019年4月22日、2020年度の大学院「データサイエンス研究科」開設に向け、文部科学省に設置届出を行った。社会にイノベーションをもたらすことのできる高度なスキルと実践力を持つデータサイエンティストの育成・輩出を目指す。

教育・受験 大学生
横浜市立大学「データサイエンス研究科」
  • 横浜市立大学「データサイエンス研究科」
  • 横浜市立大学「データサイエンス研究科」
  • データサイエンスに必要なプロセスを一連かつ網羅的に体験・習得できる教育カリキュラム
  • 横浜市立大学「データサイエンス研究科」概要
 横浜市立大学は2019年4月22日、2020年度の大学院「データサイエンス研究科」開設に向け、文部科学省に設置届出を行った。社会にイノベーションをもたらすことのできる高度なスキルと実践力を持つデータサイエンティストの育成・輩出を目指す。

 横浜市立大学は2018年4月に、首都圏で初めてデータサイエンス学部を開設した。2020年4月に開設予定の大学院「データサイエンス研究科」は、学部との接続に加え、社会が求める高度なデータサイエンティストの育成が目的。

 医学部とデータサイエンス学部を併せ持つ唯一の総合大学として、「ヘルスデータサイエンス専攻(博士前期課程)」を設置。「データサイエンス専攻(博士前期課程・博士後期課程)」との2つの専攻により、社会潮流の把握に基づく課題背景の理解を基盤とし、膨大なデータの分析から創出する新たな価値を社会実装することができるデータサイエンス人材を育成する。

 データサイエンスに必要なプロセスを一連かつ網羅的に体験・習得できる教育カリキュラムにより、自立した人材を輩出。行政や企業と連携して、体系的かつ高度で効果的な実践教育プログラムを提供する。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)