体験型授業を年10回「シーパラこども海育塾」塾生募集

 横浜・八景島シーパラダイスは、海の生き物たちの飼育体験や、深海探査機の見学などを体験できる教育プログラム「シーパラこども海育塾」を2019年6月に開講する。5月24日まで塾生を募集しており、Webサイトにて応募を受け付けている。

趣味・娯楽 小学生
シーパラこども海育塾
  • シーパラこども海育塾
  • シーパラこども海育塾(2018年度のようす)
  • シーパラこども海育塾(2018年度のようす)
  • シーパラこども海育塾(2018年度のようす)
  • シーパラこども海育塾(2018年度のようす)
 横浜・八景島シーパラダイスは、海の生き物たちの飼育体験や、深海探査機の見学などを体験できる教育プログラム「シーパラこども海育塾」を2019年6月に開講する。5月24日まで塾生を募集しており、Webサイトにて応募を受け付けている。

 2019年度に5回目を迎える「シーパラこども海育塾」は、次世代を担う子どもたちが生物多様性や地球温暖化について学び、海とふれあい、海を知り、海と共に成長していってほしいという願いが込められたプログラム。

 横浜・八景島シーパラダイスの飼育スペシャリストや各分野の海の専門家による特別プログラムがメインとなる「レクチャー」や、フィールドでの「体験」など、横浜・八景島シーパラダイスを学びの場として塾生の知的好奇心を刺激する体験型授業を年10回開催する。

 開講月の6月は、「温暖化ってなあに?」「私たちにできること」「海の動物たちの飼育体験」をテーマに、地球温暖化や海の環境について学んだあと、海の生き物たちの飼育体験を実施する。

 ほかにも、全10回の授業では「国立研究開発法人海洋研究開発機構」での深海探査機の見学や、海の公園でアマモ場の生き物の観察など、普段見ることができない貴重な場所で、実際に見て、感じて、海について学んでいく。

 対象は、小学1年生から6年生までの子ども25名とその保護者1名。全10回の企画に継続的に参加でき、募集要項のすべてに同意できる者を募集する。年会費は2名1組3万円(税込)。シーパラプレミアムパスを持っている場合は2万7,000円となる。5月24日まで、Webサイトの応募フォームにて応募を受け付けている。入塾者には5月28日に当選メールが送付される。

◆2019年度「シーパラこども海育塾」
実施期間:2019年6月~2020年3月までの計10回開催
募集人数:小学1年生~6年生の子ども25名とその保護者1名(2019年4月1日時点での学年)
募集対象:計10回の企画に継続的に参加できる者、募集要項のすべてに同意できる者
参加費用:年会費3万円(税込・親子2名1組分)
※シーパラプレミアムパスを持っている場合は2万7,000円
応募方法:「横浜・八景島シーパラダイス」公式Webサイトの「シーパラこども海育塾」ページ内の応募フォームにて受け付けている
応募期間:2019年5月11日(土)~5月24日(金)
入塾者発表:2019年5月28日(金)当選メールが送付される
※詳細はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)