木製ロボットワークショップ、チームラボ4店舗で6月平日

 チームラボが展開する国内の「チームラボ学ぶ!未来の遊園地」全4店舗で、プログラミングツール「キュベット」を使ったオリジナルワークショップが2019年6月の平日に開催される。梅雨の時期に合わせて“沼”をテーマに実施する。参加無料。

教育イベント 未就学児
チームラボ学ぶ!未来の遊園地
  • チームラボ学ぶ!未来の遊園地
  • チームラボ学ぶ!未来の遊園地
  • キュベット
  • 2018年12月のキュベットワークショップのようす
 チームラボが展開する国内の「チームラボ学ぶ!未来の遊園地」全4店舗で、プログラミングツール「キュベット」を使ったオリジナルワークショップが2019年6月の平日に開催される。梅雨の時期に合わせて“沼”をテーマに実施する。参加無料。

 「チームラボ学ぶ!未来の遊園地」は、他者とともに世界を自由に創造することを楽しむ体験型知育空間。「お絵かき水族館」や「あそぶ!天才プログラミング」など、子どもたちのテクノロジーへの興味やクリエイティビティ・表現力の発揮を育むプレイインスタレーションを多く提供している。

 「キュベット」は、パソコンやタブレットを使用せず、パズルや積み木のようにカラフルなブロックを使ってプログラムを書き、ロボットを動かすことができるプログラミングツール。インターネット環境も不要で、幼児から大人まで一緒に使うことができる。2018年4月と12月に実施したキュベットのワークショップでは、合計1,300名以上の親子が参加。12月の参加者からは、「めずらしくとても集中していました!とても楽しく学べたので、また参加したいです」「初めてプログラミングを体験しました。ブロックで指示を出すのが分かりやすく、親子で一緒に楽しめました」などの声が寄せられている。

 今回のワークショップでは、木製ロボットの「キュベット」が沼地のマップの上を冒険する。プログラミングをしながら、沼地にいる生き物や植物を発見するなど、普段あまり触れる機会のない環境に目を向けるきっかけとすることもできる。

 実施店舗はららぽーと湘南平塚店、ららぽーと富士見店、キャナルシティ博多店、イオンモール宮崎店の4店舗。初心者向けの「はじめてコース」と実践を中心とした経験者向けの「どんどんコース」を用意している。

 対象は3歳以上。申込みは、当日各店レジにて受け付ける。定員は各回先着8名。参加無料。

◆”ぬま”ってどんなところ?キュベットと冒険しよう!
期間:2019年6月1日(月)~30日(日)の平日
時間:
<はじめてコース>11:00~、13:00~、15:00~
<どんどんコース>15:40~
※キャナルシティ博多店は12:00~と14:00~の2回(内容のレベルは参加状況に応じて変更する場合がある)
会場:ららぽーと湘南平塚店/ららぽーと富士見店/キャナルシティ博多店/イオンモール宮崎店
対象:3歳以上
募集人数:各回先着8名
参加費:無料
申込:当日各店レジにて受付
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)