【夏休み2019】中高大生ら対象、東京都「一日看護体験学習」

 東京都は、2019年7月22日から8月2日にかけて実施される「一日看護体験学習」の参加者を募集している。対象は、都内在住または在校の中学2・3年生、高校生および都内在住の看護職を目指す社会人(大学生、専門学校生などを含むが看護学生は対象外)。参加無料。

教育イベント 中学生
一日看護体験学習
  • 一日看護体験学習
  • 2019年度「一日看護体験学習」実施施設一覧
 東京都は、2019年7月22日から8月2日にかけて実施される「一日看護体験学習」の参加者を募集している。対象は、都内在住または在校の中学2・3年生、高校生および都内在住の看護職を目指す社会人(大学生、専門学校生などを含むが看護学生は対象外)。参加無料。

 東京都では、「看護の心」に触れることで看護への理解と関心を深め、学生や社会人の進路選択の参考にしてもらうことを目的とし、都内の医療機関などにおいて「一日看護体験学習」を行っている。2019年の実施期間は7月22日から8月2日。原則として午前9時から午後4時の間の1日3時間で実施する。

 実施内容は、体温・脈拍・呼吸測定や血圧測定、車椅子介助、ストレッチャー移送などの簡単な模擬看護体験や施設見学、看護職員との懇談など。施設により実施内容は異なる。

 実施施設は、国立病院機構東京医療センター、東京慈恵会医科大学附属病院、東京都済生会中央病院、日本赤十字社医療センターなど。実施施設一覧は、東京都ナースプラザWebサイトにて確認できる。

 2018年度の参加者からは、「患者さんの一番近くで寄り添うことのできる職業だと感じ、体験する前よりいっそう強く看護師になりたいと思うようになりました」「コミュニケーション能力とチームで働く大切さがわかった」などの声が寄せられている。

 応募は、往復はがきにて6月11日から6月24日(必着)、インターネットにて6月13日午後5時から6月26日午後5時に受け付ける。ただし、中学生の応募方法は往復はがきのみ。定員は、中2・3生が200人程度、高校生が1,100人程度、社会人が200人程度。参加できるのは1人1施設で、参加施設は先着順で決定する。参加の可否は、インターネットの場合は即時返信(自動応答)、往復はがきの場合は6月26日までに通知の発送をもって知らせる。

◆一日看護体験学習
期間:2019年7月22日(月)~8月2日(金)
対象:都内在住または在校の中学2・3年生、高校生および都内在住の看護職を目指す社会人(大学生、専門学校生などを含むが看護学生は対象外)
募集人数:
<中2・3生>200人程度
<高校生>1,100人程度
<社会人>200人程度
参加費:無料
応募期間:
<往復はがき>2019年6月11日(火)~6月24日(月)必着
<インターネット>2019年6月13日(木)17:00~6月26日(水)17:00
応募方法:
<中学生>往復はがきで申し込む
<高校生・社会人>往復はがきまたはインターネットで申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)