高校eスポーツ選手権「リーグ・オブ・レジェンド」受付開始

 毎日新聞社とサードウェーブは、全国の高校生を対象に「第2回全国高校eスポーツ選手権」を開催する。「リーグ・オブ・レジェンド」部門の概要が決定し、エントリー受付を開始した。受付締切は2019年9月26日。

趣味・娯楽 高校生
全国高校eスポーツ選手権チラシ1
  • 全国高校eスポーツ選手権チラシ1
  • 全国高校eスポーツ選手権チラシ2
  • 全国高校eスポーツ選手権エンブレム
 毎日新聞社とサードウェーブは、全国の高校生を対象に「第2回全国高校eスポーツ選手権」を開催する。「リーグ・オブ・レジェンド」部門の概要が決定し、エントリー受付を開始した。受付締切は2019年9月26日。

 「第2回全国高校eスポーツ選手権」はeスポーツを楽しむ高校生を応援し、新しい文化として発展させていくことを目的に、「ロケットリーグ」と「リーグ・オブ・レジェンド」の2つのタイトルで開催される。第1回大会は全国から153チームが出場し、数々の熱戦を繰り広げたという。

 「ロケットリーグ」部門は、ジャンプや飛行が可能な「バトルカー」を操作して、サッカーを行う競技。「リーグ・オブ・レジェンド」部門は、「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターを操作し、チームの仲間と協力して、敵チームの本拠地に攻め込む競技だ。

 参加資格は日本在住の高校生であること、予選大会と決勝大会の全日程に参加できること、満16歳から満19歳であること、同じ高校からチームを組んで参加できること。また、チームキャプテンとスターティングメンバーの内1名は、日本語で円滑にコミュニケーションが取れること。参加費は無料。

 「リーグ・オブ・レジェンド」部門のエントリー人数はコーチを含め(コーチは必須ではなく、選手兼コーチも可能)、1チームにつき5名から6名。全員同じ高校の生徒であることが条件とされている。エントリーの際には学生証の提示が必要。

 ルールは、5人対5人で行われる、トーナメントドラフトによるシングルエリミネーション。オンライン予選はBo1形式(1ゲーム先取)。オフライン決勝の準決勝はBo1形式(1ゲーム先取)、決勝はBo3形式(2ゲーム先取)で行われる。

 オンライン予選は2019年11月16日・17日・23日・24日、にインターネット上のみで行われ、上位4チームが決勝大会に進出できる。出場チーム数によって予選日程は変更となる可能性がある。オフライン決勝は12月29日に「EBiS303」にて行われる。優勝チームにはメンバー全員に「ガレリアゲームマスター」ノートPC(マウス付き)が贈呈される。

 「リーグ・オブ・レジェンド」部門のエントリー受付は9月26日午後11時59分まで。「ロケットリーグ」部門は、すでに106チームがエントリーしており、受付終了となっている。ゲームのダウンロードや「リーグ・オブ・レジェンド」部門へのエントリーはWebサイトから行う。ルールの詳細なども確認できる。

◆第2回全国高校eスポーツ選手権「リーグ・オブ・レジェンド」部門
日時:
【オンライン予選】2019年11月16日(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日)
※試合はインターネットのみでの開催
【オフライン決勝】2019年12月29日(日)
決勝会場:EBiS303(東京都渋谷区恵比寿1-20-8エビススバルビル)
対象:高校生
締切:2019年9月26日(木)23:59
参加費:無料
申込方法:Webサイトにて申し込む
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)