LINE、プログラミング教材や出前授業を無料提供

 LINEは2019年秋より、プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」を始動し、プログラミング教育用のソフトウェアや教材、出前授業を一般向けに無料で提供する。それに先駆け、教育関係者を対象に「出前授業」の事前申込を2019年8月21日より開始する。

教育ICT 先生
LINE
  • LINE
  • LINE entry
 LINEは2019年秋より、プログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」を始動し、プログラミング教育用のソフトウェアや教材、出前授業を一般向けに無料で提供する。それに先駆け、教育関係者を対象に「出前授業」の事前申込を2019年8月21日より開始する。

 LINEは、おもに青少年を対象に、健全なインターネット利用を啓発するための講演活動や、情報モラル教育教材の開発、ネット利用実態に関する調査研究などを2012年より行っている。これからの子どもたちには、ICTを安心安全に楽しみながら使うこなすだけでなく、自ら新しく創り出すための能力を養っていくことが大事であると考え、プログラミング教育に参入することとなった。

 今回新たに開発したプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」を2019年秋より無料で提供する。それに先駆け、教育関係者を対象に「出前授業」の事前申込を2019年8月21日より受付開始。出前授業は、専任講師が学校のプログラミングの授業をサポートする。対応科目は小学校4・5・6年生の算数。この出前授業を活用することで、「LINE entry」のソフトウェアやオリジナル教材を活用したプログラミングの授業を、学校の子どもたちが実際に体験することができる。ただし、1校につき年1回まで(1日に最大3コマまで)とする。

 「LINE entry」は、LINEと放送大学、千葉大学などが共同で開発したプログラミング学習プラットフォーム。2020年度からの小学校プログラミング教育必修化に向けて、子どもや教員が使いやすいものを目指している。ソフトウェアとオリジナル教材、出前授業をすべて無償で提供する。ソフトウェアと教材は、学校だけでなく家庭の自主学習にも活用できる。また、出前授業は、LINEが認定するプログラミング教育の専任講師が無償で全国各地の学校を実際に訪問し、プログラミングの授業をサポートする。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)