【台風15号】関東などに上陸の恐れ、通学・通勤への影響も

 気象庁が2019年9月6日午後4時5分に発表した台風情報によると、台風15号は南鳥島近海を北西に進んでいる。8日午後から9日朝にかけては、関東や東海地方などに上陸する恐れもあり、通学や通勤への影響も心配される。

生活・健康 その他
台風15号の経路図
  • 台風15号の経路図
  • 台風15号の暴風域に入る確率
 気象庁が2019年9月6日午後4時5分に発表した台風情報によると、台風15号は南鳥島近海を北西に進んでいる。8日午後から9日朝にかけては、関東や東海地方などに上陸する恐れもあり、通学や通勤への影響も心配される。

 気象庁によると、台風15号(ファクサイ)は9月6日午後3時には南鳥島近海を1時間におよそ35キロの速さで北西へ進んでいる。

 ウェザーニュースによると、台風15号は今後、日本に向かって北上する予想。「内回りで関東の東を通過」「静岡上陸→関東北部を通過」「外回りで紀伊半島に上陸」という3パターンが想定されており、台風の中心が通過する位置によって影響する地域や度合いは大きく変化するという。

 関東や東海地方などでは、8日午後から9日朝にかけて風雨が強まり、激しい雨に見舞われる恐れがある。台風接近に伴い、9日早朝の通学や通勤への影響も懸念されることから、最新の台風情報を確認し、十分に警戒する必要がある。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)