名工大、ネーミングライツ事業の募集を開始

 名古屋工業大学は2019年9月13日、ネーミングライツ事業の募集を開始することを発表した。対象施設はNITech Hall。応募締切は12月10日午後5時。選定結果はすべての応募者に通知する。

生活・健康 その他
ネーミングライツに関するお知らせ
  • ネーミングライツに関するお知らせ
  • 名古屋工業大学
 名古屋工業大学は2019年9月13日、ネーミングライツ事業の募集を開始することを発表した。対象施設はNITech Hall。応募締切は12月10日午後5時。選定結果はすべての応募者に通知する。

 ネーミングライツ事業は、事業者などに名古屋工業大学の施設などの愛称を決定する権利である命名権を付与し、命名権を付与された事業者などからその対価として命名権料を得る事業。このたび、自己収入の拡大を図り、名古屋工業大学の教育および研究に資することを目的として、ネーミングライツ事業を実施する事業者などを募集する。

 対象施設は、名古屋工業大学キャンパスの正門を入ってすぐの場所に位置する「NITech Hall」。学生が主体的に学ぶ学習環境および産業界と連携した能動的教育研究環境の提供、並びに大学と地域住民・地域企業の知の交流拠点の提供を目的として建設された。

 事業で得た収入は、知の交流拠点であるNITech Hallおよび「地域のニーズに応える人材育成と研究」をより一層充実させる費用に充てる。命名権者には、ネーミングライツ事業に係る施設などの愛称サイン、案内看板などを設置できるといったメリットがある。

 命名権を付与する期間は4年。命名する愛称は、対象となる施設などの運営に支障を及ぼさないものとし、一部に「NITech Hall」を用いることなどが命名権の付与条件となる。

 選定にあたっては、応募資格や応募条件(命名権料)、愛称その他の提案内容、経営状況などを総合的に審査し決定する。なお、命名権料が名古屋工業大学が設定する命名権料の最低価額に達しない場合は選定を見送る。選定結果はすべての応募者に通知する。審査の結果、選定基準を満たす者がいない場合には命名権者を選定しないこととする。正式に契約を締結した後、その法人名や施設の「愛称」などについては名古屋工業大学Webサイトなどで公表する。

 応募は、ネーミングライツ事業実施申込書など必要書類を提出する。締切りは12月10日午後5時。書類などを提出する前にまず、書類提出に関することは名古屋工業大学施設企画課企画係に、NITech Hallに関することやその他については名古屋工業大学学術情報課学術情報係に問い合わせること。募集要項の確認や申込書のダウンロードは、名古屋工業大学Webサイトにて行うことができる。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)