SAPIX中学部、英語オンライン・レッスン2020年4月導入

 SAPIX中学部は2019年10月1日、英語の学習指導に外国人講師によるオンライン・レッスンを2020年4月より導入すると発表した。添削付きライティングレッスンなどを通して、英語4技能を総合的に伸ばしながらアウトプットが強化でき、難関高校の入試対策などにも有効だという。

教育・受験 中学生
SAPIX中学部「思考力を育む英語オンライン・レッスン」
  • SAPIX中学部「思考力を育む英語オンライン・レッスン」
  • 英語オンライン ・レッスン の特長
 SAPIX中学部は2019年10月1日、英語の学習指導に外国人講師によるオンライン・レッスンを2020年4月より導入すると発表した。添削付きライティングレッスンなどを通して、英語4技能を総合的に伸ばしながらアウトプットが強化でき、難関高校の入試対策などにも有効だという。

 英語オンライン・レッスンは、グループ企業である英語4技能対策オンラインスクール「ベストティーチャー」が提供するもの。SAPIX中学部は、学習指導要領改訂や大学入試改革を背景に、英語教育における4技能育成が進められている時代の要請に応え、ベストティーチャーとタイアップし、中3本科生を対象に「思考力を育む英語オンライン・レッスン」を2020年4月にスタートする。

 「思考力を育む英語オンライン・レッスン」では、英語で「話す」だけでなく、話す前に「書いて添削を受ける」というプロセスを経るため、単語や英語表現、正しい英文法を学ぶことができる。さらに話す内容を考えて英文に起こすことで思考力・表現力が鍛えられ、難関高校の入試で課される英作文に対応できるアウトプット力が身に付くという。

 レッスンの内容は、SAPIXのカリキュラムと連動しており、高校入試に対応したオリジナル問題を扱う。東京都のスピーキングテストはもちろん、難関高校の英作文や民間検定試験の対策としても有効。レッスンの受講にあたり、別途料金は不要。

 担当する外国人講師は、厳しい審査をパスした質の高い人材。オンラインのため、ネット環境があれば、受講したい時間にいつでもパソコン、スマートフォン、タブレットでレッスンを受けることができる。

 11月4日と23日開催の「SAPIXフォーラム2019 ―高校生に学ぶ合格メソッド―」実施会場では、英語オンライン・レッスンの体験ブースを設置予定。フォーラムに参加する小学5~6年生、中学1~2年生が、英語オンライン・レッスンを試すことができる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)