タカラトミー×ドコモ、プログラミング教材「embot」共同販売

 タカラトミーとNTTドコモは2019年10月29日、業務提携契約を締結し、ダンボールで作るプログラミング教育サービス「embot(エムボット)」の共同事業を開始すると発表した。11月30日からタカラトミーの公式ショッピングサイトで「e-Craftシリーズ embot」の販売を開始する。

教育ICT 小学生
ダンボールで作るプログラミング教育サービス「embot」
  • ダンボールで作るプログラミング教育サービス「embot」
  • 「embot」の遊び方
  • 「embot」の商品内容
  • 「embot」の商品内容(ロボット、タブレット入り)
  • 商品イメージ
  • 使用シーン
  • 使用シーン
  • 使用シーン
 タカラトミーとNTTドコモは2019年10月29日、業務提携契約を締結し、ダンボールで作るプログラミング教育サービス「embot(エムボット)」の共同事業を開始すると発表した。11月30日からタカラトミーの公式ショッピングサイトで「e-Craftシリーズ embot」の販売を開始する。

 「embot」は、ダンボールと器具を使ってロボットを組み立て、タブレットやスマートフォン上でのビジュアル・プログラミングを通じて子どもでも簡単に操作ができるプログラミング教育サービス。ドコモの新規事業創出プログラム「39works」で、ドコモのプログラマーチームを中心に開発した。

 2020年度の小学校のプログラミング教育必修化を前にさまざまな教材が提供され始めているが、タカラトミーとNTTドコモでは、実際にITの最前線で活躍できる人材育成につながる実践的なプログラマーの視点で開発された教材は少なく、また高価であるため、広く普及するには至っていないと分析。

 小学生向けのプログラミング教材の市場で多くの販売実績と高い評価を得た「embot」を両社で本格展開していくため、業務提携契約を締結。事前の市場調査を目的に「embot」の販売に着手する。

 11月30日には、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」において「e-Craftシリーズ embot」を発売。現在、予約も受付中。今後は、NTTドコモは教育機関との連携の推進、タカラトミーは商品の製造、玩具流通での販売を担う。さらに共同でプロモーション活動を展開することで、さらなる普及促進に取り組み、家庭でも教育機関でも利用できるプログラミング教材を目指していく。

◆e-Craftシリーズ embot
発売日:2019年11月30日(土)
対象年齢:8歳~
商品内容:本体用ダンボール(3個)、embotコア(1個)、ブザー(1個)、LEDライト(2個)、サーボモーター(2個)、モーター用パーツ(一式)、説明書(1冊)
使用電池:単4形アルカリ乾電池×4
アプリ対応OS:Android4.4.2以上、iOS10以上、Windows10以降
※タブレットでの操作を推奨
希望小売価格:6,000円(税別)
販売先:タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」

《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)