ケンタッキー、こども食堂などへの食材提供支援を開始

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)は2019年11月、フードバンク横浜を通じて横浜市内のこども食堂などに調理済みの「オリジナルチキン」などを食材として寄贈する取組みを開始した。全国展開する外食企業としては初めての取組みだという。

生活・健康 その他
日本KFCホールディングス
  • 日本KFCホールディングス
  • フードバンク支援活動の流れ
  • SDGs(持続可能な開発目標)
 日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)は2019年11月、フードバンク横浜を通じて横浜市内のこども食堂などに調理済みの「オリジナルチキン」などを食材として寄贈する取組みを開始した。全国展開する外食企業としては初めての取組みだという。

 ケンタッキーフライドチキン(KFC)の「オリジナルチキン」は、厳選した原料を使い、店舗で手づくり調理しているこだわりの商品。創業から大切にしてきたKFCブランドの資産だという。閉店時にどうしても残ってしまう、まだおいしく食べられるチキンを食のニーズがある場所に届けたいと、海外のKFCの事例を参考に、日本の法令や環境に適した提供方法を検討してきた。

 そして、「地域活性化に関する包括連携協定」を締結している横浜市、フードバンク横浜と協力することにより、食品衛生法および海外のKFCガイドラインを参考に、安全を担保したうえで調理済み商品を提供できる仕組みを構築。日本KFCから横浜市内のこども食堂などへの商品寄贈が可能になった。全国展開する外食企業で、調理済み商品を食材としてこども食堂などへ寄贈するのは初めてだという。

 KFC店舗は、閉店時に店内にある調理済み「オリジナルチキン」と「骨なしケンタッキー」をルールにのっとり凍結・保管。フードバンク横浜からの要請に基づき、フードバンク横浜の物流ステーションに配送された商品がこども食堂などに届けられる。この取組みはKFC伊勢佐木町店から開始し、本格的な活動として展開していく予定だ。

 今回のこども食堂などへの支援は、販売可能な商品のロス削減、廃棄物の総量削減、店舗・本部の積極的人的支援など、SDGsの17の目標における「1. 貧困をなくそう」「2. 飢餓をゼロに」「3. すべての人に健康と福祉を」「4. 質の高い教育をみんなに」「5. ジェンダー平等を実現しよう」「8. 働きがいも経済成長も」「10. 人や国の不平等をなくそう」「12. つくる責任使う責任」「16. 平和と公正をすべての人に」「17. パートナーシップで目標を達成しよう」の取組みにつながっている。

 日本KFCは今後、フードバンク横浜とともに、こども食堂などにおけるメニュー考案にも協力していくとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)