東京都推奨「全国統一スマホデビュー検定」12/5開始

 東京都は、ソフトバンクが2019年12月5日よりサービスを開始する「全国統一スマホデビュー検定」を推奨することを発表した。スマートフォンを初めて持つ小・中学生や高校生など18歳未満の青少年とその保護者が対象。

デジタル生活 高校生
全国統一スマホデビュー検定
  • 全国統一スマホデビュー検定
  • ワイモバイル
  • 東京都
 東京都は、ソフトバンクが2019年12月5日よりサービスを開始する「全国統一スマホデビュー検定」を推奨することを発表した。スマートフォンを初めて持つ小・中学生や高校生など18歳未満の青少年とその保護者が対象で、サービス開始日以降、ワイモバイル「ワイモバ学割」ページ内で受験が可能となる。

 スマートフォンの長時間利用による生活習慣の乱れや、SNSによるトラブルなどが社会問題となっている。そこで、都民安全推進本部では、初めてスマートフォンを持つ青少年や保護者に上手な付き合い方や、考え方について親子で話し合うことで理解を深め、正しい知識を身に付けてもらおうと同検定を推奨している。ワイモバイルの新しい取組みとして2018年にも行われ、同じく都の推奨を受けた。

 全国統一スマホデビュー検定は、スマホデビューに必要な知識やSNS上でよくあるトラブルなどについて保護者用、子ども用と合わせて14問が用意されており、クイズ形式で気軽に学ぶことができる。検定後は「親子でつくるスマホルールリスト」が用意されており、スマートフォンの使用に関する家族ごとのルールを作成できるという。スマートフォンやPCから利用することができ、検定料は無料。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)