英検2020 1 day、継続・キャンセル・追加予約の受付開始

 日本英語検定協会は2019年12月3日午後4時半より、2020年度第1回「英検2020 1 day S-CBT」について、継続受験・申込キャンセルの希望受付を開始した。また、現高校2・3年生以上(既卒者含む)を対象に、追加予約申込を受け付ける。

教育・受験 高校生
日本英語検定協会「英検」
  • 日本英語検定協会「英検」
  • 「英検2020 1 day S-CBT」2020年度第1回検定
 日本英語検定協会は2019年12月3日午後4時半より、2020年度第1回「英検2020 1 day S-CBT」について、継続受験・申込キャンセルの希望受付を開始した。また、現高校2・3年生以上(既卒者含む)を対象に、追加予約申込を受け付ける。

 日本英語検定協会(英検協会)は、文部科学省の「大学入試英語成績提供システム」における英語民間試験の活用延期の発表を受け、「英検2020 1 day S-CBT(S-CBT)」の2020年度第1回検定(2020年4月から7月実施分)について、約30万人の予約申込者に対して継続受験・申込キャンセルの希望受付を実施する。

 12月3日の発表によると、試験会場に「秋田県・横手」「和歌山県・新宮」「鹿児島県・奄美」など11エリアを追加。追加エリアの実施日は、申込者数に応じて土曜・日曜の2日間を目途に検討されている。具体的な日程は決定次第、12月18日ごろに発表される予定。英検Webサイトには、2020年度第1回S-CBTの会場別実施日一覧が掲載されている。

 受験者本人の意思が確認できた場合に、個人の成績を高校・中学・塾など所属団体に提供する「団体成績提供システム(仮称)」を2020年度夏ごろに提供予定。英検S-CBT・従来型英検・英検CBTの併願については、同一検定内(4月から7月実施)で、同じ級を最大3回受験することが可能。ただし、一度申し込んだ検定はキャンセルできないので、成績提供のタイミングを確認して申し込む必要がある。

 予約申込者を対象とした継続受験・申込キャンセルは、12月3日午後4時半から12月24日午後5時まで、S-CBTのWebサイトにて受け付ける。継続受験者も、受付期間内に手続きが必要。予約申込キャンセル希望者には、金融機関や決済サービス業者への手続き上の手数料を徴収せずに予約金3,000円をそのまま返金する。

 2019年度の高校2・3年生以上(既卒者含む)を対象に追加予約申込も受け付ける。申込みできるのは準1級、2級、準2級、3級。ただし、すでに予約申込をしている者はほかの級を追加予約することはできない。検定料は、これまでの予約申込者と同様、特別価格となる。追加予約は12月3日午後4時半から12月24日正午まで、S-CBTのWebサイトにて受け付ける。

 また、CBT方式では対応することができない、吃音者を含む点字、テロップ、筆談などの受験上の配慮が必要な障害などのある受験者を対象とした「英検2020 2 days S-Interview(S-Interview)」についても、継続受験・申込キャンセルの希望受付と追加予約の申込みを受け付ける。

 S-Interviewの継続受験・申込キャンセルの希望受付期間は12月3日午後4時半から12月24日午後5時まで。追加予約は12月3日午後4時半から12月24日午後5時まで、S-InterviewのWebサイトにて受け付ける。追加予約者の検定料は、これまでの予約申込者と同様、特別価格。なお、従来型の英検と「英検2020 2 days S-Interview」の併願受験について、申込みの制限はないが試験日が同日であり受験できないので注意が必要。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)