小・中学生が選ぶ2019年の漢字「恋」が3連覇

 ニフティが運営する子ども向けサイト「キッズ@nifty」が、「小・中学生が選ぶ2019年の漢字」を発表した。1位は「恋」で3年連続の首位を獲得、2位は「新」、3位は「令」「楽」となり、令和という新しい時代の幕開けを反映する漢字がランクイン。

生活・健康 小学生
小・中学生が選ぶ2019年の漢字
  • 小・中学生が選ぶ2019年の漢字
  • 小・中学生が選ぶ2019年の漢字
  • 2017年、2018年の順位
  • キッズ@nifty
 ニフティが運営する子ども向けサイト「キッズ@nifty」が、「小・中学生が選ぶ2019年の漢字」を発表した。1位は「恋」で3年連続の首位を獲得、2位は「新」、3位は「令」「楽」となり、令和という新しい時代の幕開けを反映する漢字がランクイン。

 「小・中学生が選ぶ2019年の漢字」は、キッズ@niftyの「キッズなんでも相談」のコーナーにおいて、2019年をあらわす漢字と、その漢字を選んだ理由について投稿を募集して集計したもので、642件の有効回答があった。投票受付期間は2019年10月7日から11月25日まで。

 1位の「恋」を選んだ理由は、「初恋をしたから」「好きな子に告白されたから!」「今年から友だち同士とかで恋バナをするようになったから」など。小中学生にとって、もっとも気になるトピックスであり、時代の変化に関係なく普遍的な関心事であるといえる。

 2位の「新」、3位の「令」は「新しい元号になったから」「平成から令和に変わった年だから」など、令和時代の始まりを受け、ランクイン。同率3位の「楽」は3年連続でランクインしており、「今年はたくさんの楽しい思い出ができたから!」など自然災害や事件などが多い中でも、子どもたちは明るい漢字を選ぶ傾向があるという。

◆小・中学生が選ぶ2019年の漢字
1位:恋 92票
2位:新 40票
3位:令 25票
3位:楽 25票
4位:友 23票
5位:災 18票
5位:笑 18票
6位:幸 15票
7位:変 13票
8位:夢 12票
9位:苦 11票
10位:挑 9票
10位:悲 9票
10位:嵐 9票
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)